トップページ » 飯山三十六景のご紹介 » 14 雪だるまと宝探し(飯山三十六景)

飯山三十六景 ~雪だるまと宝探し~ 

 

 2チームに分かれて、宝探しをした。お互いの宝を隠して探し合う遊びだ。 
 敵も隠すのがうまくて、宝のおはじきを探し当てたときには暗くなりかかっていたので、続きは明日にして別れた。 
 翌朝、僕は高熱を出した。はやり風邪だったので、僕も仲間の多くも2、3日学校を休み、みんな宝探しのことはすっかり忘れてしまった。 
 根雪がとけ始め、黒土がところどころに見え始めたある日、松の木の下を通り掛かると、根元の土の上に見覚えのあるビー玉が一個落ちていた。 
 
 「アッ!!思い出した!僕らのチームは僕のビー玉を宝にして、雪だるまの中に隠したんだ!」 
 
 僕はビー玉を拾うと、ポケットの中に入れた。何だかうれしくなってスキップすると、ポケットのビー玉たちも久々の再会を喜んでいるようにジャラッ、ジャラッとスキップした。 

 
 誰かが隠した宝のビー玉 
 雪のだるまがおなかで守る 
 お日さまギラギラ輝くと 
 雪のだるまは大汗ダラダラ 
 ビー玉残して消えてった

     

写生ポイント(矢印を方向を見て描かれたものです。)
更新日 2011年07月20日