トップページ » 市長の部屋 » 北信三市(須坂市・中野市・飯山市)の連携推進に関する声明

【北信三市(須坂市・中野市・飯山市)の連携推進に関する声明(平成27年2月20日調印式より)】

 

 以前から北信3市と称して、須坂市、中野市、飯山市はそれぞれの行政の分野、また行政のみならず、例えば市議会などでも3市で研修をするなど関わり合いを深めてきました。

この度、北陸新幹線が延伸され飯山駅が開業するとういことで、より一層3市の連携を強くしていこうという趣旨で本日の協定書調印に至りました。

 連携協力して取り組む事項

1 北陸新幹線を活用した産業振興に関すること

2 観光連携による交流人口の拡大に関すること

3 文化、スポーツ、教育等の連携に関すること

4 まちづくり、地域の活性化等に係る情報交換に関すること

5 人材の育成・交流に関すること

6 防災体制の連携に関すること

7 その他北信三市が必要と認めた事項

 

 まずは、3月14日に北陸新幹線飯山駅が開業し、長野市では善光寺の御開帳が始まり、同時期に飯山では菜の花まつり、また北信地域では花が見ごろを迎えます。連携協定企画第一弾として、善光寺-飯山駅を結ぶ千曲川東側のラインで須坂市、中野市、飯山市の魅力的なところを回ってもらおうとバスツアーを計画しました。新幹線で飯山駅まで来てもらい、そこからバスに乗って飯山から中野、須坂、善光寺へと周ってもらうツアーです。

もうひとつのツアーは地酒の酒蔵を楽しむツアーで、善光寺から須坂、中野の酒蔵へ、そして飯山にお越しいただき当地の酒(北光)を堪能していただくといった三市の名酒を味わうツアーとなっています。

 

今後、季節に応じていろいろなことを連携して取り組んでいきたいと思います。

更新日 2015年03月17日