トップページ » 市役所の組織機構 » 文化交流課 » 飯山市美術館 » 企画展・イベントのお知らせ » 平成29年度特別展『正受老人と白隠禅師』

特別展 『この人なくして白隠なし 正受老人と白隠禅師

            公開正受老人の自画像と絶筆

 

 

正受庵を開山した正受老人(道鏡慧端、1642~1721)は、「臨済宗中興の祖」と称され、禅宗史はもとより日本美術史においても高く評価されている白隠禅師(1685~1768)を厳しく指導し、正しい悟りに導きました。本展では、京都妙心寺派と花園大学歴史博物館の全面的なご支援・ご協力のもと、東京・静岡・長野県内の寺院等17か所から正受老人と白隠ゆかりの貴重な遺墨を借用し、飯山市の正受庵所蔵のものと合わせて50点を紹介します。その中でも2点のみ現存する正受老人自筆の『正受老人(道鏡慧端)頂相』(永青文庫所蔵)と『正受老人(道鏡慧端)墨蹟 遺偈』(正受庵所蔵)が初めて並ぶ大変貴重な展覧会です。ぜひご覧ください。

 

 

期 間

平成29年8月2日(水)~9月10日(日)

 

会 場

飯山市美術館 

 

開館時間

9:00~17:00(最終入館は16:30まで)

 

休 館 日

毎週月曜日

 

入 館 料

一般600円(500円)、小中学生400円(300円)

 (  )内は、20名以上の団体料金

 ※障害者手帳を提示された方とその介添えの方は1名まで無料。

 

 

 こちらからチラシの画像がご覧いただけます。

   表面データPDFファイル325KB

   裏面データPDFファイル841KB 

 

 

 

関連イベント

細川護熙講演会 

 飯山市公民館事業 飯山雪国大学文化講演会

 演題 「一日暮らしという生き方」

 日時 7月22日(土) 13:30~15:00 (開場 13:00)

 会場 飯山市文化交流館 なちゅら (お間違えのないように)

 入場無料 

 

 

特別展記念講演

 臨済宗妙心寺派・飯山市教育委員会共催事業

 講師 西村惠信(花園大学名誉教授・元学長)

 演題 「正受老人と白隠」

 日時 8月19日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)

 会場 飯山市文化交流館 なちゅら (お間違えのないように)

 入場無料 

 

 

  

お問い合わせ

  • 飯山市美術館
  • 住所:〒389-2253 飯山市大字飯山1436番地1
  • 電話番号:0269(62)1501 ファクス:0269(62)1501
  • メールアドレス:bijyutsukan@city.iiyama.nagano.jp
  • メールでのお問い合わせはこちら