トップページ » 市役所の組織機構 » 保健福祉課 » 健康増進係 » 熱中症に気をつけましょう!

熱中症にご注意ください

7月に入り気温が30℃を超える日が続いています。

このような環境では「熱中症」になりやすいため、正しい知識を身につけ熱中症予防に努めてください。

「熱中症」とは高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

屋外だけでなく室内でも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

高齢者や持病のある方、子どもは体温調節機能がうまくいかないため熱中症になりやすいので、特に気をつけてください。

熱中症予防のポイント

暑さをさける

☆室内では・・・

 ○扇風機やエアコンで温度調節をしましょう(室温は28℃をこえないように)

 ○遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用しましょう

 ○室温をこまめに確認しましょう

☆外出時には・・・

 ○天気予報を参考にし、暑い日や時間を避けて行動しましょう

 ○外出や外仕事をする場合は、こまめな休憩と無理をしないよう心がけましょう

 ○帽子や日傘を利用しましょう

☆からだの蓄熱を避けるために・・・ ・

 ○通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう

 ○保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やしましょう

こまめに水分を補給する

 ○室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給しましょう

 ○汗をたくさんかいた場合は、塩分の補給もしましょう

日頃の体調管理に気をつけましょう

 ○バランスの良い食事と十分な睡眠に心がけましょう

熱中症が疑われる人を見かけたら

☆エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させまし ょう

☆衣服をゆるめ、体を冷やしましょう(特に首の回り、わきの下、足の付け根など)

☆水分・塩分、経口補水液などで水分補給をしましょう

注:自力で水が飲めない、意識がないなどの場合は、すぐに救急車を呼びましょう!!

ご注意

暑さの感じ方は、人によって異なります

 ○その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調に気をつけましょう。 高齢者や子ども、障がいのある方は、特に注意が必要です。

 ○熱中症患者のおよそ半分は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対す る感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調節機能も低下しているので、注意が必要です。

 ○子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。

 ○のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調節するよう心がけましょう。節電を意識するあまり熱中症予防を忘れないようご注意ください。

 ○気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

参考

・環境省 熱中症予防情報サイト
・厚生労働省 熱中症関連情報
・気象庁 熱中症から身を守るために
・総務省消防庁 熱中症情報

お問い合わせ

更新日 2018年07月20日