トップページ » 市役所の組織機構 » 保健福祉課 » 健康増進係 » インフルエンザに「かからない」「うつさない」ために

インフルエンザに「かからない」「うつさない」ために

現在、長野県内でのインフルエンザにかかった患者さんの数が、平成11年以来2番目の規模で拡大してきています。

北信地域でも多くの患者さんが報告されていますので、以下のインフルエンザに「かからない」「うつさない」をお読みいただき、感染拡大防止にご協力をお願いします。

 

「かからない」ために

・流水や石けんを使って十分な手洗いを行いましょう。アルコール製剤による手指消毒も効果があります。

・十分な休養やバランスの取れた栄養摂取により、体力や抵抗力を高めましょう。

・乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度を保ちましよう。

・なるべく人混みに出かけることを避け、やむを得ず人ごみに入るときにはマスクを着用しましょう。

 

「うつさない」ために

・具合が悪い場合は早めに医療機関を受診しましょう。

・かかってしまったら早めに休養し、睡眠を十分とりましょう。

・水分を十分に補給しましょう。

・咳やくしゃみがある場合には周りの方へうつさないよう、マスクを着用するなど咳エチケットに努めましょう。

・インフルエンザと診断されたら、学校や職場は休みましょう。

 

お問い合わせ

更新日 2019年02月13日