水痘(水ぼうそう)予防接種

 

  平成26年10月1日より、水痘(水ぼうそう)が定期の予防接種となりました。

下記を参考にし、接種対象となる方は医療機関へ予約をお願いします。

 

水痘(水ぼうそう)とは

水痘・帯状疱疹ウイルスの直接接触、飛沫感染あるいは空気感染によって引き起こされる急性感染症です。

潜伏期間は10~20日(通常13~17日)で、特徴的な発疹が主な症状です。

発疹の出始めは斑点状紅丘疹、その後3~4日は水疱で、最後は顆粒状の痂皮を残し、

間もなく痂皮は脱落して治癒します。

一般的に軽症疾患ですが、免疫不全状態の患者さんでは重症となり、脳炎を合併することもあります。

 

【接種間隔】

1回目接種日から3か月以上空けて2回目を接種する。(標準的な接種間隔:6か月~12か月)

【接種費用】

無料

【持ち物】

予診票、健康保険証

【申込み方法】

下記医療機関へ直接又は電話にて予約をしてください。

【医療機関】

医療機関

電話番号

小田切医院

62-2039

清水医院

62-2351

畑山医院

67-2888

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2015年12月15日