トップページ » 市役所の組織機構 » 危機管理防災課 » 防災消防係 » 飯山市消防団 栄村で復興支援を行いました

飯山市消防団「栄村復興支援」

3月15日、飯山市消防団は栄村で復興支援を行いました。

 3月12日3:59発生の長野県北部地震によって甚大な被害を受けた栄村から北信消防協会への要請を受け、飯山市消防団では3月15日に総勢36名、軽積載16台・本部車2台の体制で支援を行いました。
 栄村消防団は24時間体制で交通規制・地域警備を行っており、発災から3日目を迎え、疲弊している消防団員の代わりに、午前8時から午後5時まで各集落の出入口で交通規制・地域警備を行いました。
 この日、栄村では初めて住民の一時帰宅が行われました。時間に制限はあるものの住民の方も待ちに待った一時帰宅でした。栄村消防団の団員自身も当然被災者であり、未確認ではありますが、日中の交通規制・地域警備を飯山市消防団が行うことで、おそらく栄村団員の皆さんも体を休めたり、一時帰宅できた方もいたのではないかと思います。
 明日以降も18日まで北信消防協会に属する中野市、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村の各団で同様の支援を行う予定です。「1日も早く余震がおさまり、この地震で被害を受けた方々が日常生活を取り戻せるようになる為に、要請があり次第市の内外を問わず、可能な限り飯山市消防団も支援を行う」と団長、副団長が決意を固めました。

お問い合わせ

更新日 2014年04月01日