トップページ » 市役所の組織機構 » 子ども育成課 » 学校教育係 » 学校給食用食材の放射性物質検査結果について

学校給食用食材放射性物質検査について

飯山市では、長野県教育委員会が実施する「安全安心のための学校給食環境整備事業」の検査対象として、市内の小中学校給食用食材の検査を依頼し、給食の安全・安心を確保してまいります。

飯山市立小中学校の検査結果(平成29年10月24日検査分まで) (新しいページが開きます)

安心安全のための学校給食環境整備事業実施要領(抜粋)

目的

放射性物質から子どもの健康を守るために、小中学校等の給食用食材の検査を実施する。

実施主体

長野県教育委員会、長野県

検査対象

対象施設 小中学校等

対象食材 学校給食等に使用する農産物、畜産物及び水産物(給食で使用する前の食材で牛乳、加工品を除く)で次の16都県産を基本とする。

 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、静岡県。ただし、状況に応じて県内産を含む上記以外の道府県産の食材の中から、使用頻度の高いものや学校園等で栽培した物についても、希望により行う。

検査機器

NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ

検査内容

給食に使用する食材について、検査機器を使用して、食材に含まれる放射性物質を測定する。

関連リンク 

長野県の給食等で使用する食材の放射性物質の検査について(長野県のページが開きます)

 

更新日 2017年10月26日