伐採届の提出について

 

  • 概要

 

 森林所有者等は、地域森林計画の対象となっている森林を伐採しようとする場合には、森林法第10条の8の規定により、伐採する日の30日以上90日前までに「伐採及び伐採後の造林届出書」(伐採届)を提出しなければなりません。

 この伐採届出制度は、森林の伐採が市町村森林整備計画に従って適切に行われるよう、届け出をしていただくものです。

 また同時に、森林の大切な働きを失うことのないよう、伐採跡地造林計画を届け出ることも義務づけられています。

 

 

  • 対象となる森林

 

保安林を除く地域森林計画の対象となっている民有林

※地域森林計画の対象であるかどうかは、農林課耕地林務係までおたずねください。

 

  

  • 提出する書類

 

・伐採及び伐採後の造林届出書   (届出書様式のダウンロードはこちらから)

 

・伐採箇所の位置図及び面積がわかる図面

 

 

  • 届出人について

 

森林所有者等(立木を買い受けて伐採するときは買受人)

 

 

  • その他

 

 1haを超えて森林以外の用途に使用するために伐採をする場合には、林地開発行為となりますので、県知事の許可を受ける必要があります。

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2017年10月26日