トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » 特定健康診査(特定健診)・特定保健指導

特定健診・特定保健指導実施計画


 

飯山市国民健康保険の第2期特定健診・特定保健指導実施計画を別添のとおり策定しました。

 

特定健康診査(特定健診)とは、平成20年度から始まった制度で、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」に着目し、その該当者・予備軍を抽出するための健康診査です。

 

特定保健指導とは、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の該当者・予備軍に対し「保健指導に関する専門的知識及び技術を有する者(医師、保健師、管理栄養士等)」が行う、食事や運動を主体とした保健指導です。

 

特定健診・特定保健指導は、加入している健康保険組合等の保険者が実施します。

飯山市では、国民健康保険に加入されている40歳から74歳までの方を対象に実施しています。

 

飯山市が行っている特定健診については、こちらからご確認ください(飯山市保健福祉課の特定健診に関するページが開きます。)

 

計画の詳細は、こちらをご覧ください。 

 

① 第2期 特定健診・特定保健指導実施計画 (PDF872KB)

② 資料(PDF103KB)

 

お問い合わせ

更新日 2016年12月13日