トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » 人間ドック検査費用補助金

人間ドック検査費用補助金について

市では、飯山市国民健康保険に加入されている皆様の健康の保持や病気の早期発見のため、人間ドックの検査費用の一部を補助しています。
平成26年4月診療分からは、補助金額を5,000円ずつ増額しました。
ご自身の健康状態を確かめ、病気の予防や早期発見、早期治療にお役立てください。
また、平成26年4月より今までの受診後の申請に加え、一部の医療機関において受診前の申請により受診時の医療機関窓口での支払時に助成券を利用することができるようになりました。
この制度を利用すると、補助額分を支払う必要がないため、医療機関の窓口での負担が少なくて済みます。

対象者

次の全てに該当する方が対象となります。


1 受診時において、飯山市国民健康保険の被保険者である方
2 国民健康保険税の滞納がない世帯に属している方
3 年齢が35歳以上である方(受診する年度末までに35歳に達する方を含みます。)
4 当該年度に人間ドック検査費用補助金の交付を受けていない方
5 飯山市が実施する特定健診(集団健診)を受診しない方
6 健診結果を提供していただける方(助成券利用の場合、健診結果は医療機関から市役所へ直接提供されます。)

 

補助額

 

受診の種類

補助額

当該年度中に35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳に達する方  日帰り・1泊を問わず    30,000円  
上記の年齢以外の方  日帰りドック  20,000円
 1泊2日ドック  25,000円

※助成券利用の場合は、上記の金額分を「助成券」として発行します。「助成券」を医療機関に提出することにより、補助額分については医療機関窓口で支払う必要がなくなります。
※75歳以上の方の人間ドック補助(15,000円)及び各種検診については、保健福祉課健康増進係へお問い合わせください。

 

申請の手順

助成券利用の場合

1 医療機関へ人間ドックの受診予約をします。
2 市役所(国保年金係)へ助成券の交付を申請します。→申請書ダウンロードはこちら(PDF 60KB)
3 市役所から受診者へ助成券を発行します。
4 ドック受診時に助成券を提出します。
5 ドック受診料を支払います(支払額は助成券に記載された金額分を差し引いた額になります)。

助成券を利用しない場合

1 医療機関へ人間ドックの受診予約をします。
2 ドック受診後、受診料を支払います。
3 医療機関から健診結果票が送付されます。
4 送付された健診結果票を添付し、補助金交付の申請をします。→申請書ダウンロードはこちら(PDF 64KB)
5 ご指定の口座に補助金を振り込みます。
※申請には、領収書または「飯山市人間ドック検査費用補助金交付申請書」に人間ドック受診証明をしたものと保険証、印鑑、口座番号のわかるもの、検査結果表を持参してください。また、申請時に問診票に記入していただきます(左のリンクから用紙をダウンロードし、あらかじめご記入いただくこともできます)。

 

助成券の対象となる医療機関(H28.4.1現在)

○飯山赤十字病院 (飯山市大字飯山226-1 電話0269-62-4195)
○北信総合病院 (中野市西1-5-63 電話0269-22-2151)
○新生病院 (上高井郡小布施町851 電話026-247-2033)
○長野市民病院 (長野市大字富竹1333-1 電話026-295-1199)
○長野中央病院 (長野市西鶴賀町1570 電話026-234-3375)
※上記以外の医療機関で受診される場合につきましては、従来どおり受診後に補助金の交付申請手続をお願いします。

 

お問い合わせ

更新日 2017年10月04日