トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » 高額医療・高額介護合算療養費

高額医療・高額介護合算療養費制度

 

  同じ世帯の国民健康保険または後期高齢者医療の被保険者の方全員が、毎年8月~翌年の7月末までに支払われた医療費・介護サービス費の自己負担額が基準額を超える場合に、給付が受けられる制度です。→こちらをご覧ください

 

支給対象の目安

 対象期間中に下記の表の金額以上の自己負担があった場合に、その限度額と自己負担額の差額が支給されます。(平成21年度については平成20年4月~平成21年7月末の16ヶ月間の自己負担額が、下記の基準額を超える場合には、その超えた額と上記の支給額を比べ、大きい額を支給します。)

 70~74歳の方、後期高齢者医療の方(75歳以上)
① 医療費の窓口負担割合が「3割」となっている場合   67万円(89万円)
② ①・③・④以外の場合  56万円(75万円) 
③ 世帯員全員が市町村民税非課税の場合 31万円(41万円)
④ ③のうち、世帯員全員の所得が一定以下の場合(年金収入80万円以下等) 19万円(25万円)

 

70歳未満の方
① 世帯員全員の合計所得が一定以上の場合(合計所得600万円以上) 126万円(168万円)
② ①・③以外の場合  67万円(89万円) 
③ 世帯員全員が市町村民税非課税の場合 34万円(45万円)

 ・「世帯」とは、同じ世帯内で同じ医療保険に加入している人のまとまりを意味します。

(例)国保:世帯主+被保険者(世帯主が国民健康保険でない場合、その医療・介護費用は非対象。ただし課税判定には含む)

  後期高齢:住民票上の同一世帯内の被保険者全員

  社保:本人+被扶養者

 

・以下の支出は、この制度での支給対象になりません。

(1)高額療養費・サービス費の支給対象額

(2)入院・施設サービス時の差額ベッド代、居住費、食費、日常生活費

 

申請手続きについて

  市の国民健康保険または後期高齢者医療保険にご加入で、支給対象となる方へは1月ごろ市役所または県の後期高齢者医療広域連合からお知らせと申請書を送付します。必要事項を記入・捺印のうえ市民環境課 国保年金係に提出してください(注:こちらをお読みください)。・・・申請がないと給付できませんので、ご注意ください。

 

*以下の場合は正確なお知らせができません。

  • 他の医療保険から飯山市国民健康保険に切り替わった場合(他市町村からの転入を含む)
  • 社会保険(飯山市国民健康保険をのぞく)などから後期高齢者医療保険に切り替わった場合

 →市から通知があった場合でも、以前加入していた他の医療保険等から発行された医療保険、介護保険の自己負担額証明書を添えて申請していただく必要があります。また市から通知がなくとも支給対象となる場合もありますので、お心当たりの場合はお申し出ください。

 

*以下の場合は、現在居住する市町村または健康保険が申請窓口です。

  • 他の市町村へ転出した場合
  • 市の国民健康保険から他の医療保険に切り替わった場合

 →申請には飯山市の発行する医療保険、介護保険の自己負担額証明書が必要になりますので、下記窓口へお申し出ください。

 

 

申請窓口について

 

 7月31日に所属していた医療保険が申請窓口です。保険証等で資格を確認のうえ、所属する医療保険窓口で手続きを行ってください。

 

(注)市役所が申請窓口となるのは、「飯山市国民健康保険」と「長野県後期高齢者医療保険(飯山市に被保険者資格あり)」の方です。

  そのほかの医療保険にご加入の皆さんは、それぞれの医療保険窓口でご相談願います。 

  

 

不明な点などありましたら、下記窓口にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

更新日 2012年03月01日