トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 生活環境係 » 多量排出事業者に関する制度

多量排出事業者のごみ減量・リサイクルへの取り組みについての制度 

飯山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例に基づき、一定規模の建物等で比較的多量のごみを排出する事業者の方には、「事業系一般廃棄物の減量に関する計画書の作成・届出」と、「廃棄物管理責任者の選任・届出」をしていただきます。

 

 

対象事業所

 

 

●大規模小売店舗において小売業を営む者であって、1日当たり30キログラムを超える事業系一般廃棄物を継続して排出するもの

 大規模小売店舗:小売業(飲食業を除く)の店舗面積の合計が1,000平方メートルを超えるものをいいます。

 

 

●特定建築物の占有者等であって、1日当たり30キログラムを超える事業系一般廃棄物を継続して排出するもの

 特定建築物:次の用途に供する部分の延べ床面積が3,000平方メートル以上の建築物をいいます。
   ・興行場、百貨店、集会場、図書館、博物館、美術館又は遊技場
   ・店舗又は事務所
   ・学校教育法第1条に規定する学校以外の学校
   ・旅館
   ・学校教育法第1条に規定する学校の用途に供される建築物で、延べ床面積が8,000平方メートル以上の建築物

 

 

●前2号に掲げるもののほか、多量の事業系一般廃棄物を排出する占有者等であって、市長が必要と認めるもの

 

 

必要な取組

 

●事業系一般廃棄物の減量に関する計画書の作成・届出

 

多量排出事業者に該当する事業者の方からは、事業系一般廃棄物の減量化、再資源化およびその適正な処理を計画的に推進していただくため、原則として毎年4月から翌年3月までの1年間の実績および目標を記載した、事業系一般廃棄物の減量に関する計画書を、毎年5月31日までに作成し、提出していただきます。
この計画書は排出される廃棄物の種類、量および処理方法について、前年度の実績とその年度の処理計画等を記載するもので、廃棄物に関する記録を適正に保管しておく必要があります。

 

事業系一般廃棄物減量計画書(PDF)

事業系一般廃棄物減量計画書の記入例(PDF)

 


●廃棄物管理責任者の選任・届出

 

多量排出事業者に該当する事業者の方は、その事業所から排出される一般廃棄物の減量化、再資源化及び適正処理を推進する廃棄物管理責任者を選任し、選任届を提出していただきます。
管理責任者の業務は次のとおりです。

 

1 事業所から排出される事業系一般廃棄物の管理
   ・事業系一般廃棄物の種類、量、処理方法の把握と管理
   ・事業系一般廃棄物の発生抑制、再生利用の方策などの減量計画の立案
   ・事業系一般廃棄物についての関係書類等の保管及び整理
2 従業員、テナント事業者などへの分別・減量等に関する指導および啓発
3 保管場所の管理
4 関係各機関との連絡調整

 

廃棄物管理責任者選任届(PDF)

廃棄物管理責任者選任届の記入例(PDF)

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2010年02月27日