犬を飼うときは


生後91日以上の犬は生涯1回の登録と年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。(鑑札及び狂犬病予防注射済票は必ず犬に装着してください。)

また、犬を飼うときはその本能や習性をよく理解し、愛情をもって飼いましょう。

マナーを守って他人に迷惑や危害を及ぼすことのないようにしましょう。

 

犬の登録


犬を取得した日から30日以内、ただし生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日以降速やかに登録をしてください。

(登録手数料として3,000円がかかります。)

鑑札は必ず犬に装着してください。

 

登録事項の変更


犬の所在地、飼い主、飼い主の住所等、登録事項に変更があった場合は、届出が必要となります。

 

【市外からの転入、市外の所有者から犬を譲り受けた場合】
 前所在地の鑑札を持参してください。飯山市の鑑札と交換します。 (料金はかかりません)

 

【飯山市から転出、飯山市外の方に犬を譲り渡す場合】
 新しい所在地の市町村の担当窓口に、飯山市の鑑札を持参して手続きをしてください。

 

【飼い犬が死亡した場合】
 登録抹消の手続きが必要です。

 

 

狂犬病予防注射

生後91日以上の飼い犬には、毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられていますので毎年1回必ず受けてください。

狂犬病予防注射済票は必ず犬に装着してください。

 

狂犬病予防注射は下記のどちらかで接種することができます。

 

●集合注射

  毎年4月~6月に集合注射を実施しています。既に犬の登録をしている飼主の方にはお知らせをお送りします。

  日程や場所については広報誌等をご確認ください。

 

 ●動物病院

  動物病院でも摂取が可能です。

  動物病院で狂犬病予防注射を実施した場合は、獣医師から発行される注射済証明書をお持ちになり、狂犬病予防注射済票の交付

  申請手続が必要です。(狂犬病予防注射済票交付手数料として550円がかかります。)

 

 

狂犬病について

狂犬病とはウィルスによる感染症で、空気感染はせず、発症した動物の唾液が咬傷から体内に入り込む事で感染します。

人を含む全ての温血動物に感染します。発症するとウィルスが中枢神経に達し、痙攣や麻痺を起こしてほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。

日本では1957年以降、国内での感染、発生は確認されていませんでしたが、2006年にフィリピンで犬に咬まれ、日本に帰国後に発症し死亡した例が2例報告されています。

外国では多数発生しており、外国犬の輸入等により日本での発生も考えられますので、狂犬病予防注射は必ず受ける必要があります。

 

飼主のマナー

・犬小屋の内外は常に清潔にし、衛生害虫の発生を防止しましょう。

・家の門や戸など、来客の見やすい場所に飼犬がいる旨を表示してください。

・特別な場合を除いて、犬は常に係留してください。散歩の際も必ずリード等でつなぎ、放し飼いはしないでください。

飼い犬のフンは飼い主が責任を持って片付けましょう。

・しつけをしっかり行いましょう。必要以上に吠えるとご近所の迷惑となります。

人を咬んだ場合は必ず保健所へ届けましょう。

 

飼っている犬がいなくなってしまったときは

飼っている犬がいなくなったという場合は、北信保健福祉事務所または市役所市民環境課へ連絡をお願いします。

  • 北信保健福祉事務所 乳肉・動物衛生係 電話62-6035
  • 市役所市民環境課生活環境係 電話62-3111 内線192
  • 北信保健福祉事務所で保護している迷い犬の情報は、北信保健福祉事務所ホームページでご覧いただくことができます。 

    ※上記リンクをクリックすると該当ページが別ウィンドウで開きます

    お問い合わせ