飯山市の空間放射線量測定について

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故により、放射性物質が大気中に放出され健康への不安が広がっています。飯山市では市民の皆さんが安全に、安心して生活できるよう、定期的に空間放射線量の測定・公表を行っています。

 

空間放射線量の測定箇所及び測定回数

 

市では日常生活空間の放射線量測定を、平成24年12月より当分の間、下記のとおり実施します。

施設名 測定する高さ 測定回数 備考
飯山市役所 

・地上1m

毎週1回  
旧岡山小学校

・地上1m

毎週1回 市北部地域のモニタリング拠点
保育園・幼稚園(11園)

・地表

月1回 必要に応じ、周辺より線量が高い可能性がある箇所についても測定を行う。
小学校・中学校(9校)

・地表

月1回

※児童館・児童センター、体育・文化施設、観光関連施設、都市公園等、上記以外の公共的な施設等においても必要に応じ空間放射線量測定を行います。

※測定する高さは国・長野県の基準等変更に応じ、見直すことがあります。

 

測定箇所について

・市民の安心・安全な生活環境確保のため、市役所庁舎及び旧岡山小学校において、空間放射線量の測定を週1回行います。

・子どもの安全を確保するため、保育園・幼稚園、及び小・中学校敷地内で空間放射線量把握のための測定を月1回行います。この際、周辺より線量が高い場所等についても、必要に応じ随時測定を行います。

 

公表の方法

 飯山市ホームページで随時、結果をお知らせします。

 

測定値が高い場合の除染等の対応方針

 長野県の基準に準じて除染等を実施します。

 

更新日 2016年11月29日