トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 生活環境係 » 「30・10運動」で“食品ロス”を減らしましょう

「30・10(さんまるいちまる)運動」で“食品ロス”を減らしましょう。

長野県では、”食品ロス”(まだ食べられるのに廃棄される食品)の削減を目的とした「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」の一環として、特に食べ残しが多い宴会料理の食べ残しを出さないための呼びかけを行う「残さず食べよう!30・10運動 宴会食べきりキャンペーン」を実施しています。

宴会の始まり30分と最後の10分は自分の席についてお料理を楽しみ、食べ残しを減らしましょう。

この運動の重点取組期間である12月・1月は、忘年会や新年会などで宴会の席が増える時期です。

食べ残しをしないことは誰でもできるごみ減量の取組の1つです。

「もったいない」を心がけ、家庭でも地域でも食品ロスの削減にご協力をお願いします。

また、開宴前のあいさつで話題にしていただいたり、お開き前に「あるをつくして」などの声をかけていただくことで、みんなで取り組む気持ちが生まれます。

幹事さんからの呼びかけもぜひお願いいたします。

「食べ残しを減らそう県民運動~eプロジェクト~」(別ウインドウで長野県HPが開きます)

「30・10運動」チラシ(別ウインドウでPDFファイルが開きます 2.47MB)

「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」協力店に登録しませんか?

食品ロス削減のための取組を行ってくださるお店を、県が協力店として認定しています。

宴会で「食べ残しをしないよう」呼びかけていただくことも、取組の一つになります。

詳細は、長野県ホームページでご覧いただけます。

「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」協力店を募集しています(別ウィンドウで長野県HPが開きます。)

 

お問い合わせ

更新日 2017年12月06日