トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 市民係 » 戸籍の届出 » 養子離縁の際に称していた氏を称する届出

離縁の際に称していた氏を称する届出(戸籍法73条の2の届)

 

離縁の際に称していた氏を称する届出とは?・・・

離縁すると縁組前の名字に戻りますが、この届けをすると縁組中に名乗っていた名字を引き続き名乗る事ができます。
(注)この届出することができるのは縁組の期間が7年以上経過しているかたに限られます。

     
誰が届けるの?・・・

離縁届を提出した結果、元の名字に戻る人です。

持っていくものは?・・・

・離縁の際に称していた氏を称する届出(戸籍法73条の2の届)の用紙

・届出人の印鑑

届出できる場所は?・・・

届出するところは市区町村役場の窓口です。本籍地、住所地以外の市区町村にも届出できます。また休日でも届出書をお預かりすることができます。

届出できる期間は?・・・

離縁届と同時に届出するか、離縁届提出後3ヶ月以内であればいつでも届出できます。届出すると縁組中に名乗っていた名字を引き続き名乗る事ができます。

 

  • 文字はつづけないで正確に書いてください。
  • 年月日の表記には,日本人の場合は和暦での記入をお願いします。
 
 
 
 

お問い合わせ

更新日 2012年02月29日