養子縁組届

  1. 養子縁組はどんな制度なの?
    相互に血縁的親子関係のない者、又は血縁的親子関係はあっても嫡出親子関係のない者(婚姻関係にない男女の子)の間に、嫡出親子関係を創設する制度です。
    ただし、養子縁組をしても実方の父母その他の親族との親族関係は継続します。
  2. 誰が届けるの?
    届出人は養親と養子(15歳以上は本人、15歳未満は親権者)です。必ず本人が署名をして、印鑑を押してください。また、届出人の他に、成人2名の証人が必要です。(証人については下記をご覧ください)
  3. 持っていくものは?
    ・養子縁組届の用紙
    ・戸籍謄本(養子及び養親の本籍地以外に届け出する場合,それぞれ戸籍謄本1通が必要となります。)
    ・来庁する人(届出人または使者)の身分証明書を提示してください。
    ・届出人の印鑑
  4. 届出できる場所は?
    届出するところは市区町村役場の窓口です。本籍地、住所地以外の市区町村にも届出できます。また休日でも届出書をお預かりすることができます。
  5. 承認とは?
    養子縁組届には成人2名の証人が必要です。証人は成人しているかたならどんな関係の人でもかまいません。

 

※養子縁組については様々な注意点があります。さらに詳しく知りたい場合は、以下の注意点をご覧ください。

お問い合わせ

更新日 2012年02月29日