離婚届

誰が届けるの?・・・
届出人は夫と妻の二人です。必ず本人が署名をして、印鑑を押してください。また、届出人の他に、成人2名の証人が必要です。(証人については下記をご覧ください)
持っていくものは?・・・
・離婚届の用紙
・来庁する人(届出人または使者)の身分証明書を提示してください。
・届出人の印鑑
届出できる場所は?・・・
届出するところは市区町村役場の窓口です。本籍地、住所地以外の市区町村にも届出できます。また休日でも届出書をお預かりすることができます。
証人って?・・・
離婚届には成人2名の証人が必要です。証人は成人しているかたならどんな関係のかたでもかまいません。
裁判所で決定された離婚の場合には証人は要りません。
離婚後の名字は?・・・
結婚したとき名字が変わった人は、離婚後に元の名字に戻るか今の名字を続けて名乗るかを選ぶことができます。
今の名字を続けて名乗る場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届出(戸籍法77条の2の届)」の用紙も同時に提出してください。
どちらにするかで届出の方法が違いますので、届出用紙を受け取るときに職員に確認ください。
子供の名字は?・・・
両親が離婚しても子供の名字は自動的には変わりません。離婚が成立した後で家庭裁判所での手続きが必要です。離婚届を提出するときに手続きの方法を戸籍担当窓口で確認ください

 

 ダウンロード 離婚届記入例(PDF形式 363KB) 

  • 文字はつづけないで正確に書いてください。
  • 年月日の表記には,日本人の場合は和暦での記入をお願いします。

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2013年11月27日