トップページ » 市役所の組織機構 » 地域包括支援センター » 介護支援係 » 介護予防サービス(介護保険)

 

介護予防サービスのご案内(介護保険のサービス)

 

 

 「要支援1」及び「要支援2」と認定された方は、心身の状態の悪化防止や改善を目的とする、介護予防サービスを受けることができます。介護予防サービスは、地域包括支援センターが中心となって支援します。

 

 

施設に通って受けるサービス

 

介護予防通所介護(デイサービス)

 食事や入浴などの基本的なサービスや生活行為向上のための支援を行うほか、ご本人の同意のもと、理学療法士等の指導により歩行に必要な筋力をつけたり、転倒を予防するための「運動器の機能向上」や、栄養士等による低栄養を予防するための食べ方や調理などの指導を行う「栄養改善」、しっかり噛んだり飲み込んだりするための機能を向上させる「口腔機能の向上」などの選択的サービスを、利用者の目的に応じて利用することができます。

 

 

介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

 老人保健施設 や医療機関等で、日常生活上の支援や生活行為向上のための支援・リハビリテーションを行うほか、デイサービスと同様に、利用者の目標に合わせた選択的サービスを利用することができます。

 

 

介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

 ご家族の介護の手を休めたい、介護する人が病気になって家庭で介護ができないときなど、施設に短期間入所して日常生活の支援や機能訓練を受けることができます。

 

 

 

 

 

日常生活の手助けや自宅で受けるサービス

 

介護予防訪問介護(ホームヘルプ)

 高齢者の方が自力では困難な日常生活の行為について、同居家族等の支援が受けられないときに、ホームヘルパーがご自宅に伺い、買い物、洗濯、掃除などのサービスを受けることができます。

 本人以外のための家事や草むしり、ペットの世話などは介護保険の対象となりません。

 

 

介護予防訪問入浴介護

 ご自宅にお風呂がない場合や、感染症などで外のお風呂の利用ができない方などの場合に限り、訪問による入浴介護を受けることができます。

 

 

介護予防訪問リハビリテーション

 自宅での生活行為を向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士等が訪問し短期集中的なリハビリテーションを受けることができます。

 

 

その他のサービス

 疾患等で外出が困難な方に対して、看護師が訪問し、介護予防を目的とした訪問看護を利用することができます。

 

 

 

 

 

介護する環境を整える

特定介護予防福祉用具販売(介護予防福祉用具購入費の支給)

 ポータブルトイレや、入浴補助用具など、レンタルになじまない福祉用具を指定された事業者から購入した場合、同一年度内で10万円を上限に、その購入費を支給します。

 

 

介護予防福祉用具貸与

 日常生活の自立を助けるための福祉用具のうち、手すりやスロープ(いずれも工事を伴わないもの)、歩行器や杖など、必要な用具を利用者負担1割で貸与します。

 

 

介護予防住宅改修費の支

 ご自宅の段差の解消や、必要な部分への手すりの取り付け、トイレの改修など、20万円を限度とし、利用者負担1割で住宅改修を行うことができます。

 ※事前に申請が必要となります。

 

 

 

 

 

介護予防サービス利用の流れ

1 市役所にて要介護認定の申請をします。

     ↓

2 「要支援1」及び「要支援2」と認定された方は、介護予防サービスを使用することができます。

     ↓

3 地域包括支援センターの職員や、事業所のケアマネジャーが自宅を訪問して、ご本人の心身の状況や生活状況などをお聞きします。

     ↓

4 お聞きした内容をもとに、目標を設定し、それを達成するためのケアプランを作成します。

     ↓

5 ケアプランに基づいたサービスを利用できます。

     ↓

6 地域包括支援センターで、サービス利用の効果を評価しケアプランを見直します。また、住み慣れた地域でいつまでも自立した生活を続けていけるようサポートしていきます。

 

 

 

※要介護認定で要介護1~5に認定された方は介護サービスを、要支援1・2と認定された方や非該当だった方は介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)を利用する事ができます。

 

※すべての高齢者のみなさんは、集落サロン、iネット飯山で放映中の「健康チャンネル」及び地域包括支援センターが企画する各種講演会にご参加ください。

 

 

 

  

 

平成28年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が始まります

 

 いくつになっても生きがいをもち、支え合い安心して暮らせるまちづくりのため、従来の介護保険のサービスだけではなく、地域の

ニーズや実情に応じて、住民が実施する取り組みも含めた、多様な担い手による高齢者の支援体制を、地域の中に作っていくことが

求められています。

 

 こうした、住民のみなさんの参加による、幅広い支え合いの地域づくりを推進するため、飯山市では、平成28年4月から「介護予

防・日常生活支援総合事業(総合事業)」を実施します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 総合事業は、要支援1・2と認定された方も含めた、65歳以上のすべての方が利用できます。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2016年04月07日