基本チェックリストの実施について

飯山市では、65歳以上のすべての方(要介護認定者を除く)に、現在の健康状態や日常生活の状況を伺う「基本チェックリスト」を 配布して、介護予防に取り組む必要がある方を把握し、介護予防事業(介護予防教室)への参加を勧めています。

基本チェックリストとは

現在の心身状況や日常生活の様子、運動機能の状態、口腔や栄養の状態、物忘れの有無などを「はい」「いいえ」で回答していただくものです。

「基本チェックリスト」を実施していただき、介護予防が必要と判断された方には、市で実施している介護予防事業(介護予防教室)への参加を勧めています。

対象者

平成30年3月31日現在で65歳以上の方

※だたし、平成29年11月1日現在で要介護認定を受けている方は除きます。

実施方法

基本チェックリストの配布

隣組長さんから封筒に入った「基本チェックリスト(PDF)」が配布されます。

※区や隣組に所属していない方は、市役所から郵送されます。

基本チェックリストの記入

ご自身の名前が記入されている「基本チェックリスト」を、同封の「基本チェックリストの記入の仕方(PDF)」を参考に記入してください。

基本チェックリストの提出

記入をしたら同封の封筒に入れ、平成29年12月15日(金)までに隣組長さんへ提出してください。

※区や隣組に所属していない方は、市役所または各地区活性化センターに提出してください。

結果の送付と介護予防教室の参加について

基本チェックリストの結果については、2月下旬頃から郵送にてお知らせします。

心身状態の低下などがあり、介護予防が必要と判断された方には、併せて介護予防教室への参加方法についてもお知らせします。

平成29年度介護予防教室実施状況

介護予防教室には約300名の方が参加しています。 

地域包括支援センターの職員が、一人ひとりの健康状態にあった教室を一緒に選びます。

介護予防教室に参加して、いつまでも元気な生活を送りましょう。

教室の内容はこちらをご覧ください。

 

お問い合わせ

更新日 2017年11月20日