トップページ » 市役所の組織機構 » 地域包括支援センター » 介護支援係 » 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

 

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

 

 

 高齢になっても元気で、いきいきとした生活が送れるよう、高齢者自身が家庭や地域の中で、何らかの役割を担いながら生活し続ける “生涯現役” に努め、その実現のため、住民も含めた多様な担い手により、地域全体で支える “安心な地域づくり” を目指して「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」を実施します。

 

総合事業リーフレット(PDF)

 

 総合事業は、65歳以上の方を対象とした自立した日常生活の支援を目的に、一人ひとりの状態に合わせ「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成されています。

 介護予防・生活支援サービス事業は、要支援1・2と認定された方や基本チェックリストで生活機能の低下が見られる方が、一般介護予防事業は、65歳以上の全ての方が利用できます。

  

 

 

  

 

介護予防・生活支援サービス事業

 

 高齢者の日常生活の自立を目的とし、訪問型サービスや通所型のサービスを実施します。

 従来の介護保険のサービスだけではなく、多様な担い手によるサービス提供を支援します。

 今後、新たなサービスを検討し、提供していく予定です。

 

  訪問型サービス

  ・これまでの介護予防訪問介護に相当するサービス

  ・保健師など保健・医療の専門職による訪問による相談指導などの短期集中型予防サービス

 

 通所型サービス

  ・これまでの介護予防通所介護に相当するサービス

  ・運動指導やリハビリを中心に、継続した運動機会を提供して、地域や家庭で自立して過ごせるよう、機能訓練等を提供するサービス

 

 

 

 

一般介護予防事業

 

 高齢者が日常的に介護予防に取り組めるよう、身近な場所での集落サロン等、自主的な活動を支援します。

 介護予防サポーター講習など、地域でお手伝いしてくれる方を支援します。

 

 

 

 

 

利用までの流れ

 

    

 

 

 

介護予防ケアメネジメント

 

 地域包括支援センターの職員が一人ひとりの皆さんと一緒に相談しながら目標を立て、その目標が達成できるようサービスについて

検討し、ケアプランを作成します。

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2017年04月03日