トップページ » 市役所の組織機構 » 税務課 » 市民税係 » 平成29年度 税の申告・税務相談のお知らせ

税の申告は正しくお早めに

市・県民税の申告

平成29年中の所得については、3月15日までに市へ申告してください。

市・県民税の申告が必要な方

①平成30年1月1日現在で飯山市に住所がある方、居住している方

②飯山市内に事務所、事業所、家屋敷がある方

③国民健康保険に加入されている方

※市では、申告が必要と思われる方へ1月下旬に申告書類を発送します。

※届かなかった方であっても、該当される方は申告をお願いします。

申告の必要がない方

①税務署へ所得税確定申告書を提出する方

②収入が一ヶ所からの給与または公的年金等だけで、支払者から市役所へ「給与支払報告書」等が提出されている方

※2ヶ所以上から給与や年金をもらっている方や市役所へ「給与支払報告書」が提出されていない方、各控除を受けようとする方は申告が必要です。

③収入が全くなく、市内に住所がある方の税金の扶養親族になっている方

所得税の申告

所得税の確定申告は、昨年一年間の所得と税額を自分で計算して申告・納付する手続です。

2月16日から3月15日までの間に、信濃中野税務署へ申告してください。

平成29年度税務相談の日程

平成29年度の税務相談は、平成30年2月16日(金)から3月14日(水)にかけて行います。

各地区の日程・電話予約については、こちら(広報飯山平成30年1月号抜粋)(PDF 715KB)をご覧ください。

税務相談期間中は、相談員と資料が全て相談会場へ出ておりますので、市役所窓口での申告相談はできません。(提出のみ可)

申告相談は、各相談会場にてお願いします。

持ち物

①前年中の所得が分かるもの(源泉徴収票、営業・農業・不動産所得がある方は収支内訳書)

②生命保険、地震保険、国民年金保険料等の払い込み証明書類

③印鑑

④本人確認書類(個人番号カード、または個人番号通知カード+運転免許証・健康保険証など)(所得税の確定申告の場合はその写しが必要です)

相談時間短縮のために事前準備をお願いします

【農業所得、不動産所得、営業所得のある方】

必要経費の項目ごとに領収書をまとめ、集計し、必ず収支内訳書を作成してきてください。

必要経費の項目が分からない方は国税庁ホームページをご覧いただくか、信濃中野税務署または市役所税務課までお問い合わせください。

【医療費控除を受けられる方】

申告には「誰がどの医療機関で」「いくら支払ったのか」記入が必要ですので、控除対象となる領収書は次のように整理してください。

①個人ごとに分ける ②医療機関ごとに分ける ③それぞれ分けたものの合計金額を計算する

※入院などで生命保険や健康保険から給付をうけた場合は、金額の確認をお願いします。

確定申告書はご自宅で作成できます

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」をご利用いただくと、ご自宅でいつでも確定申告書を作成することができます。

また、作成した確定申告書は、税務署へ郵送等でご提出いただけます。なお、農業所得や営業所得の収支内訳書(償却資産の計算含む)も作成できますのでご利用ください。

 

   ←国税庁ホームページ「確定申告特集」はこちら

 

申告書を作成する際にご利用ください

減価償却費の計算や、農業収支の計算ができるエクセルシートをご用意しましたのでご利用ください。

減価償却・農業収支計算シート(Excel 51KB)

 

お問い合わせ

更新日 2018年01月25日