トップページ » イベント・フォトニュース

イベント・フォトニュース

 ※画像をクリックすると拡大します。

飯山高校野球部生徒報告会

 7月22日、高校野球長野県大会初優勝から一夜明け、生徒報告会が行われました。飯山高校野球部の大川主将からは声援に対する感謝の言葉が述べられ、甲子園の舞台で飯山という名前を全国に響かせたいという頼もしい決意表明がありました。

飯山高校野球部生徒報告会 飯山高校野球部生徒報告会

飯山高校野球部優勝報告会

 7月21日、高校野球長野県大会で初優勝を飾り、地元に凱旋した飯山高校野球部の優勝報告会が行われました。飯山高校前に選手が到着すると、会場周辺からは大歓声が湧き起こり、端々から労いや感謝の言葉が寄せられ、祝福ムードに包まれた優勝報告会となりました。

飯山高校野球部優勝報告会 飯山高校野球部優勝報告会
快挙!飯山高校野球部が初優勝

快挙!飯山高校野球部が初優勝

7月21日、高校野球長野県大会決勝が行われ、飯山高校野球部が伊那弥生ヶ丘高校に5対4で勝利し、初優勝を果たしました。延長までもつれる大接戦を制し、見事に甲子園初出場を決めた飯山高校野球部に、スタンドからは歓喜の声があがりました。飯山高校野球部の皆さん、初優勝おめでとうございます! 

飯山高校野球部が長野大会決勝戦へ

飯山高校野球部が長野大会決勝戦へ

7月20日、高校野球長野県大会準決勝が行われ、飯山高校野球部が上田西高校に3対0で勝利し、創部初となる決勝戦へ進出しました。明日の決勝戦は午前10時から松本市野球場で行われる予定です。市では市民応援団を募り、バス6台(定員314人)を用意し、応援を計画しています。朝6時30分から市公民館駐車場で受付を行い、整理券を配布し、7時30分に出発します。飯山高校野球部に皆さまの熱いご声援をよろしくお願いします。 

飯山高校野球部応援バスの運行を計画しました

飯山高校野球部応援バスの運行を計画しました

第101回全国高等学校野球選手権長野大会で、飯山高校野球部がベスト4に進出する快進撃を見せています。市民の願い「雪国から甲子園へ」を選手に届けるため、市は、20日㈯の準決勝大会に向け応援バスの運行を計画しました。詳しくは飯山市ホームページの新着情報をご覧ください。 

飯山高校野球部が長野大会準決勝へ

飯山高校野球部が長野大会準決勝へ

7月17日、第101回全国高等学校野球選手権長野大会で、飯山高校野球部が岡谷南高校を6対0で下し、準決勝へ進みました。ベスト4は10年ぶりとなります。準決勝は、20日㈯正午からを予定しています。

高校生がアナウンサーとなり防災無線で選挙を呼びかけ

高校生がアナウンサーとなり防災無線で選挙を呼びかけ

7月16日、飯山高校3年髙橋涼太さんがアナウンサーとなり、飯山市防災行政無線の選挙啓発についての録音を行いました。高校生が無線室に入り呼びかけるのは初めての試みです。放送は、選挙前日の7月20日まで防災行政無線でお知らせします。

高校生が参議院議員通常選挙の投票立会人を務めました

高校生が参議院議員通常選挙の投票立会人を務めました

7月15日、飯山高校3年生の上野実里さんが参議院議員通常選挙の投票立会人を務めました。この日、初めて投票も経験した上野さん。急に大人になった気分と胸の内を語りました。

ふるさと千曲川ラフティング体験を行いました

ふるさと千曲川ラフティング体験を行いました

7月11日、飯山小学校5年生42人が、千曲川でラフティングを体験しました。これは、今年度初めて行うもので、「千曲川」を体感し、自然観察や生活とのかかわりからふるさとの雄大さや水の恵を楽しみながら学習することが目的です。飯山小学校をはじめとし、今後、市内6小学校でラフティング体験が行われます。

正受庵通学合宿を実施しました

正受庵通学合宿を実施しました

7月7日から9日にかけ、正受庵通学合宿を実施し、飯山小学校の希望者16名が参加ました。これは、公民館事業のひとつで、子どもたちが異年齢での集団生活を通し、自立心や他人を思いやる心、地域や家庭に感謝する心、コミュニケーションを育てることなどを目的としているものです。

第1回飯山仏壇体験フェスタが行われました

第1回飯山仏壇体験フェスタが行われました

7月6日・7日、第1回飯山仏壇体験フェスタが行われました。伝統技術体験では、箔押し、蒔絵、彫刻、彫金体験が行われ多くの来場者でにぎわいました。このほか、記念講演、大天狗、獅子舞、愛宕睦御輿渡御などが行われました。

飯山市サマージャンプ大会が行われました

飯山市サマージャンプ大会が行われました

6月30日、第27回飯山市サマージャンプ大会が行われ、小学生女子の部では、飯山小学校 坂本季花さんが優勝、秋津小学校 丸山桧依さんが3位となりました。

高校生チ ャレンジ支援事業交付金の交付式が行われました

高校生チ ャレンジ支援事業交付金の交付式が行われました

6月28日、 市の活性化を図る目的で高校生が自ら行うまちづくり活動を応援する「高校生チ ャレンジ支援事業」の交付式が市役所で行われました。チャレンジする団体は4団体で、内容は、「飯山の名産品および温泉由来の入浴剤開発」「北信濃から発信 農村文化」「ほうきサミットの開催」「高校生が企画運営する農林食堂オープン」です。

城山公園内で兼六園のモミジ植樹式が行われました

城山公園内で兼六園のモミジ植樹式が行われました

昨年5月に飯山市出身で石川県長野県人会小林恒夫会長から寄贈された兼六園のヤマモミジを6月26日に、足立市長、小林会長、飯山藩主末裔吉原実様、大聖寺住職様により、城山公園の南大手門付近に植樹しました。

飯山市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会が開催されました

飯山市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会が開催されました

6月23日、長峰スポーツ公園駐車場にて、飯山市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会が開催されました。ポンプ車の部では第4分団、小型ポンプの部では第7分団、ラッパ吹奏では第1分団がそれぞれ優勝しました。

エコパーク寒川フェアが開催されました

エコパーク寒川フェアが開催されました

6月16日、エコパーク寒川フェアが開催されました。会場では、中央制御室やごみクレーン操作等の見学や、山菜の販売、竹の子汁のふるまいなどがあり、多くのお客さんが訪れました。

4者による連携協定書調印式がありました

4者による連携協定書調印式がありました

6月14日、学校法人文理佐藤学園西武文理大学、株式会社フジすまいるファーム飯山、一般社団法人信州いいやま観光局、飯山市の4者の連携に関する基本協定書の調印式を行いました。今後は、農福連携事業、観光事業、学生交流・教育事業などを行う予定です。

小林一久さんが飯山市青少年育成市民会議表彰を受賞されました

小林一久さんが飯山市青少年育成市民会議表彰を受賞されました

6月7日、令和元年度飯山市青少年育成市民会議会長表彰式が行われ、子ども会育成連絡協議会に長年携わられ、子どもたちの健全育成に貢献したとし、小林一久さん(上倉区)が受賞されました。

AC長野パルセイロPRバナーが足立市長に手渡されました

AC長野パルセイロPRバナーが足立市長に手渡されました

6月5日、AC長野パルセイロ堀江三定取締役統括本部長が、飯山市のパートナープレイヤーの内田恭兵選手とともに、飯山市役所を訪問し、足立市長にホームタウンPRバナーを手渡しました。

人気バンド「ノーナリーヴス」のメンバーが飯山を訪れました

人気バンド「ノーナリーヴス」のメンバーが飯山を訪れました

6月4日、人気バンド「ノーナリーヴス」のメンバーが飯山を訪れました。メンバーの小松シゲルさん(写真左)は、飯山市出身で、8月3日に飯山市文化交流館なちゅらで行われる「信州いいやまノーナ・フェス」の会場の確認等のため飯山を訪れました。

自衛官募集相談員委嘱式を行いました

自衛官募集相談員委嘱式を行いました

5月30日、自衛官募集相談員委嘱式が行われ、小林亘さんに足立市長、自衛隊長野地方協力本部長の連名で委嘱状が交付されました。

「いいやまクリーンアクション2019」と「クリーン信州for ザ・ブルー(北信)」

 5月26日、「いいやまクリーンアクション2019」と「クリーン信州for ザ・ブルー(北信)」を千曲川河川敷の雪捨て場で、実施しました。これは、「海洋プラスチック問題について上流から考える」をテーマにごみ拾いを行うもので、一般参加と主催者を含め30名が参加しました。回収量は、可燃ごみ24.5Kg、プラスチックごみ 21.3Kg、不燃ごみ66.7Kg、うち空き缶は117個になりました。プラスチックごみは、可燃ごみとほぼ同量でした。

「いいやまクリーンアクション2019」と「クリーン信州for ザ・ブルー(北信)」 「いいやまクリーンアクション2019」と「クリーン信州for ザ・ブルー(北信)」

いいやまアスパラまつりを開催しました

5月26日、信越自然郷 第7回 いいやまアスパラまつりを飯山駅前公園で開催しました。市内外から約1,500人が訪れ、雪解け水をたっぷり吸った瑞々しいアスパラ約4,000束が売られました。このほか、会場ではアスパラ焼きや笹ずしなどが販売されました。

いいやまアスパラまつりを開催しました いいやまアスパラまつりを開催しました

「阿吽」の書が飯山市へ寄贈されました

5月22日、善光寺 大勧進 瀧口宥誠 貫主と大本願 鷹司誓玉 上人がしたためた「阿吽」の書が飯山市へ寄贈されました。これは、4月25日に寺町シンボル広場で行われた「善光寺旧仁王像慶祝イベント」開催の記念品として贈られたものです。お二方の「阿」と「吽」を組み合わせた形で寄贈され、市役所には、 小林順彦 寺務総長と筒井秀寛 庶務部長が来庁され、足立正則飯山市長ならびに長瀬哲教育長に手渡しました。寄贈された書は、市役所1階ロビーに展示された後、一つは市役所へもう一つは寺町シンボル広場内にある仁王門内へ展示される予定です。

「阿吽」の書が飯山市へ寄贈されました 「阿吽」の書が飯山市へ寄贈されました
福島新田棚田田植え体験が行われました

福島新田棚田田植え体験が行われました

5月19日、昔ながらの美しい棚田が広がる福島新田で、福島新田保存会による田植え体験と交流会が行われました。毎年、東小学校が全校で参加していて、採れたお米は児童の給食として使われています。

令和元年百姓塾を開講しました

令和元年百姓塾を開講しました

5月13日、下高井農林高校生(植物科学コース)が先生となり、希望した市民の方に農業について授業をする百姓塾が開講となり、第1回目の授業が行われました。

飯山市消防団第一分団梯子(はしご)隊最後の披露

5月12日、北信消防協会大観閲式が飯山小学校グラウンドで行われ、昭和27年から続いた飯山市消防団第1分団梯子隊が、最後となる梯子披露を行いました。

梯子隊 梯子隊
いいやま菜の花まつり開会セレモニーを行いました

いいやま菜の花まつり開会セレモニーを行いました

5月3日、晴天のもと第36回いいやま菜の花まつりの開会セレモニーが行われました。会場では、千曲川、菜の花、桜、そして山々の残雪と4つの景色を楽しめ、多くの観光客で賑わいました。菜の花商店街では、菜の花ジェラート、アスパラ焼き、そば、笹寿司などが楽しめます。いいやま菜の花まつりは、5日まで行われています。

「千曲川北信5市町かわまちづくり計画」の登録証伝達式がありました

「千曲川北信5市町かわまちづくり計画」の登録証伝達式がありました

4月25日、長野市、須坂市、中野市、小布施町、飯山市の沿川5市町が連携して申請した「千曲川北信5市町かわまちづくり」計画が登録となり、水管理・国土保全局長から登録証が交付されました。

飯山市の中学校へ図書の寄贈がありました

飯山市の中学校へ図書の寄贈がありました

4月23日、「NPO法人ふうえば」の理事長として、無料の学習の場を設けて若者への教育支援をしている鈴木央様より、中学生の学習に役立ててほしいと推理問題集の本の寄贈がありました。

菜の花公園の菜の花が咲き始めました

菜の花公園の菜の花が咲き始めました

4月23日、飯山市菜の花公園の菜の花が咲き始めました。現在5分咲きです。現在、付近の満開の桜と菜の花が楽しめます。菜の花の見頃はゴールデンウィークで、第36回いいやま菜の花まつりは、5月3日、4日、5日です。皆さまのご来場をお待ちしております。

桜咲き始めました

桜咲き始めました

4月18日、飯山城址公園の桜が咲き始めています。春の陽気に誘われ、十日町から訪れた方が、咲き始めの桜を楽しんでいました。また、ゴールデンウィークには菜の花も見頃を迎えます。ふるさとの原風景を残す春の飯山にぜひお出かけください。

副市長就任

副市長就任式

4月1日、新家智裕さん(飯山地区新町)が副市長に就任しました。就任式で新家副市長は、「四季を通じた豊かな自然、千曲川とともに歩んできた文化と歴史、北陸新幹線飯山駅など飯山には高いポテンシャルがある。もっと多くの人に魅力ある飯山を知ってもらいたい。市長を支えながら、市の発展、市民のために全力を尽くしたい。」とあいさつしました。

春の薫りの贈り物

災害時相互応援協定都市 山梨市さんから春の薫りの贈り物

3月19日、飯山駅観光交流センター内に山梨市職員の皆さんによって桃の枝が飾り付けられました。見頃は4月上旬頃からでピンクの桃の花が楽しめます。平成19年の防災協定締結以後、毎年この時期に桃のつぼみのついた枝を届けていただいています。山梨市と飯山市とは、平成19年7月に飯山市で震度5強を記録した中越沖地震が発生した際に山梨市から特産の桃を持って慰問していただいたことがきっかけとなり、その後防災協定を締結しています。以来平常時も交流を深め、緊密な友好関係を築いているところです。詳しくは、こちらをご覧ください。

若ショック1954

若ショック1954-いいやま逸品市-

3月2日、飯山市若者会議の主催により「若ショック1954-いいやま逸品市-」が開催されました。飯山に息づく伝統や素材を活かした商品が並べられた「いいやま逸品市」や、地場農産物で作られた飯山ラーメンの試食会などには多くの来場者が並んでいました。また、ステージ対談ライブでは、足立市長と佐藤雪まつり実行委員長、足立みゆき野青年会議所理事長など若者たちとのまちづくり対談が行われました。

城北中学校女子バレーボール部

北信越中学新人バレーボール優勝大会に出場

2月27日、平成30年度菅公学生服杯第17回北信越中学新人バレーボール優勝大会に出場される飯山市立城北中学校女子バレーボール部の皆さんが、市長を表敬訪問されました。先月長野市内で開催された県新人大会で3位となり、当市では初となる本大会への出場を決めました。北信越中学新人バレーボール優勝大会は3月16日、17日に福井県福井市で開催されます。

AED

市内コンビニエンスストアとAED設置に関する協定書・覚書を締結

2月25日、市内における応急救護体制の充実と強化を図るため、株式会社ローソン(市内3店舗)及び株式会社セブン-イレブン・ジャパン(市内6店舗)と自動体外式除細動器(AED)の設置に関する協定書・覚書を締結しました。AEDは3月1日から各店舗に設置され、AEDが必要な場合は、各店舗の店員に申し出ることで借りることができます。

いいやま雪まつり、かまくら祭り、秋津ゆきだるままつり

2月9日・10日、市内では「いいやま雪まつり」「かまくら祭り」「秋津ゆきだるままつり」が開催されました。それぞれの会場には多くの家族連れなどが訪れ、会場周辺はたいへん賑わっていました。立派な雪像や雪で作られた滑り台、雪だるまづくり、かまくら体験など、子どもから大人まで雪とのふれあいを思う存分楽しんでいただけたのではないでしょうか。

いいやま雪まつり いいやま雪まつり かまくら祭り ゆきだるままつり
いっちゃんうまい米コンテスト

大阪府民の“いっちゃんうまい”米コンテスト受賞報告

2月8日、「第8回 大阪府民の“いっちゃんうまい”米コンテスト」で入賞された沼田浩德さん(岡山)と水野尚哉さん(太田)が、受賞報告のため市長を訪問されました。お二人は全国から応募があった282点のうち上位6点が選ばれる決勝大会(1月20日開催)へと進み、沼田さんは総合最優秀賞(大阪府知事賞)を、水野さんは優良賞をそれぞれ受賞されました。

いいやま雪ざんまい

1月26日・27日、飯山市と大阪市(市民交流姉妹都市)の若手メンバーで組織する研究機関「飯山プラスラボ」の主催により、飯山市文化交流館なちゅら周辺を会場に「いいやま雪ざんまい」が開催されました。「らほつかまくら」や滑り台には子どもの歓声が響きわたり、カンジキ作り、灯篭作り、ミニかまくら作りの各種体験や、忍者の衣装を着用したイベント、現役のお坊さんが悩みに寄り添う坊主バーなども多くの来場者で賑わっていました。

いいやま雪ざんまい いいやま雪ざんまい いいやま雪ざんまい

かまくら作りが始まっています

市内の外様地区では、2月9日、10日開催の「かまくら祭り」に向けて、かまくら作りが始まっています。また、市内では、同日に「いいやま雪まつり」や「秋津ゆきだるままつり」も開催されます。雪の多い飯山だからこそ楽しめる冬のイベントにぜひお出かけください。

かまくら かまくら
飯山駅門松

飯山駅で門松がお出迎え

年末年始を迎え、飯山駅では正面入口付近に飾り付けられた門松が、たくさんの帰省客や観光客をお出迎えしています。

この門松は、笹川門松愛好会の皆さんに毎年設置していただいているものです。

青年海外協力隊

青年海外協力隊市長表敬訪問

12月18日、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として任国であるネパールに派遣される飯山市出身の澤木さくらさんが、渡航に先立って市長を表敬訪問しました。澤木さんは、ネパールで地域の開発課題解決のために活動されます。

秋津小学校学校運営協議会

文部科学大臣表彰を秋津小学校学校運営協議会が受賞

平成30年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰を受賞した秋津小学校学校運営協議会の山嵜会長が12月7日、受賞報告のため市長を訪問されました。

地域と学校が連携し、「地域の子どもたちを地域が見守り、地域の学校を地域全体で応援する」という10年間の活動が認められ、今回の表彰となりました。

出川照岡砂防堰堤

出川照岡砂防堰堤が完成

11月27日、飯山市井出川山腹崩落災害の対策として整備を進めていただいた出川照岡砂防堰堤が完成し、出川照岡砂防堰堤完成式実行委員会の主催により完成式が行われました。砂防堰堤は、高さ13メートル、長さ91.5メートル。この砂防堰堤の整備により、土石流及び流木の捕捉、減勢等を図り、下流域の安全・安心を確保します。

農業振興講演会

飯山市農業振興講演会

11月18日、農業への新規参入や担い手を確保し、市の農業を維持・発展させるため、「農産物でつなぐ縁が、元気な郷づくりのお手伝い」と題し、飯山市農業振興講演会を開催しました。また、第2部では「地域振興につながるブランド農業とは!」をテーマに、市内生産者の皆さんなどによるトークセッションを行いました。

企業展示説明会

市内企業展示説明会

11月4日、市内企業への就職促進の新たな取組として、より多くの皆さんに市内企業を知っていただくため、市内企業展示説明会を開催しました。会場では、企業の担当者が各ブースを訪れた学生さんなどに企業紹介や説明を行いました。

市長就任式

足立正則市長就任式

10月28日に行われた飯山市長選挙の結果により足立正則市長が就任(3期目)するに当たり、29日、市議会正副議長、監査委員、各行政委員長、市職員などが出席して市長就任式が行われました。

いいやま花フェスタ~寺町花街道

10月13・14日、寺のまちいいやまを代表する風情の「雁木通り」において「第18回いいやま花フェスタ~寺町花街道~」が開催されました。テーマは、「和と花のおもてなし」。地元の方々が丹精を込めて育てた花の展示や伝統工芸体験などが企画され、約2,000人の来場者がありました。

花フェスタ 花フェスタ 花フェスタ

第45回飯山市駅伝大会

10月7日、第45回飯山市駅伝大会が開催されました。市内16区間37.2㎞のコースを各チームの選手が日ごろの練習の成果を存分に発揮して駆け抜けました。結果は、飯山Aチームが激戦を制して2年ぶりの優勝を果たしました。選手、関係者の皆さんたいへんお疲れさまでした。

飯山市駅伝大会

信越自然郷 北信州ハーフマラソン

9月23日、「信越自然郷 第6回北信州ハーフマラソン」が飯山市、野沢温泉村、木島平村を舞台に開催され、2,000人を超えるランナーがさわやかな秋の風に揺れる金色の稲穂を眺めながら秋の北信州を駆け抜けました。また、仮装したランナーも多く参加し、大会を盛り上げていただきました。

ハーフマラソン ハーフマラソン ハーフマラソン

いいやま駅まつり ~ 鉄フェス with 信越自然郷 ~

9月17日、いいやま駅まつり ~鉄フェス with 信越自然郷~が開催されました。ミニ新幹線や鉄道模型など鉄道に関する体験・展示企画のほか、彫金、土人形の絵付けなどの伝統文化体験、信越自然郷エリアの飲食・物販など、子どもから大人まで楽しめるイベントがたくさんあり、会場となった飯山駅は大勢の来場者で賑わっていました。

駅まつり 駅まつり
市長任期終了式

市長任期終了式

9月14日、足立正則市長の2期目の任期満了に伴い、市長の任期終了式が行われ、市議会議員、監査委員、各行政委員長、市職員などが出席しました。なお、市長の任期満了に伴い、9月15日から10月28日までの間は市長が不在となるため、飯山市副市長が市長の職務を代理します。

長野県立大学と連携協定を締結しました

9月11日、相互が有する資源、研究成果などを活かし、文化、産業、教育、学術などの分野における交流、連携及び協力を通じ、地域の振興及び発展、教育研究の充実並びに人材の育成に寄与することを目的として、公立大学法人長野県立大学と飯山市は連携に関する協定を締結しました。今後、移住者や女性の創業支援、研修やインターンシップによる人材育成など具体的な連携内容をさらに検討し、地域活性化に取り組んでまいります。

包括連携協定書調印式 包括連携協定書調印式 包括連携協定書調印式
飯山で一人でも多く将棋ファンが増えることを願って

飯山で一人でも多く将棋ファンが増えることを願って

9月10日、日本将棋連盟の将棋指導員、佐藤誠一様(飯山市飯山在住)から、故米長邦雄永世棋聖が使用していた将棋盤と駒計7組を飯山市にご寄付いただきました。「飯山で一人でも多く将棋ファンが増えてほしい」と願う寄付者様のお気持ちを大切にしながら、市公民館での将棋教室などで活用させていただく予定です。

飯山雪国大学平和講演会

飯山雪国大学平和講演会

9月8日、『満州 奇跡の脱出』の著者で丸山邦雄氏の三男、ポール・邦昭・マルヤマ氏を講師に迎え、飯山雪国大学平和講演会「満州奇跡の脱出 ―わが父、丸山邦雄の足跡―」が飯山市文化交流館なちゅらで開催されました。満州から150万人もの邦人引き揚げに尽力された飯山市富倉地区滝ノ脇出身の丸山邦雄氏の足跡をたどる講演会に430名の方が来場され、ポール・邦昭・マルヤマ氏のお話に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

飯山市総合防災訓練

8月25日、有事に際して即応できる体制を確立するとともに防災に関する意識の高揚と知識の向上を図ることを目的に、飯山市総合防災訓練を開催しました。大地震の発生を想定し、たくさんの地域住民や関係機関が参加して各種訓練を実施しました。

総合防災訓練 総合防災訓練 総合防災訓練
いいやま灯篭まつり

いいやま灯篭まつり

8月11日、いいやま灯篭まつりが開催されました。飯山市の伝統的工芸品の「内山紙」で一つ一つ想いを込めて作られた大小合わせて約1万個の灯篭が、夏の夜を幻想的に彩りました。

協定調印式

災害時における資機材レンタルの協力に関する協定を締結

8月7日、災害の発生時や発生のおそれがある場合における緊急的な活動や支援を実施するために必要な資機材の手配を迅速かつ円滑に行うため、一般社団法人日本建設機械レンタル協会長野支部様と「災害時における資機材レンタルの協力に関する協定」を締結しました。

飯山市表彰式

飯山市表彰式

8月1日、市政の振興に貢献され、その功績が顕著な方等を表彰するための平成30年度飯山市表彰式を開催しました。本年度は、地方自治・教育・環境等の各分野で優れた功績を残された方に贈る功労表彰を2名、3団体に、市民の模範となる善行をされた方等に贈る善行表彰を1名に、スポーツ・芸術・学術の分野で活躍された方に贈る栄誉賞を2名、3団体にそれぞれ行いました。

キャシー・シャープ選手

キャシー・シャープ選手 市長表敬訪問

7月19日、平昌オリンピック フリースタイルスキー女子ハーフパイプで金メダルに輝いたキャシー・シャープ選手(カナダ)が、市長を表敬訪問しました。 この訪問は、キャシー選手が株式会社スワロースキー(飯山市)のスキー板「ZUMA(ツマ)」で金メダルを獲得したことにより実現したものです。

サマージャンプ大会

飯山市サマージャンプ大会

7月7日・8日、第26回飯山市サマージャンプ大会が飯山シャンツェで開催されました。県内外から100名を超える選手が参加して熱戦が繰り広げられました。今年は、北野建設スキー部から竹内択選手、作山憲斗選手、岩渕香里選手が招待選手として出場し、大会は例年以上の盛り上がりでした。

長野保健医療大学協定締結

長野保健医療大学と連携協定を締結しました

7月3日、健康長寿を基盤とする活力ある地域づくりを推進するとともに、地域の健康増進と人材の育成に寄与することを目的として、学校法人四徳学園長野保健医療大学と連携に関する協定を締結しました。飯山市と長野保健医療大学とは、健康教室の開催や基本チェックリストの分析といった分野で既に連携・協力してきています。今後は、市民全体を対象とした健康増進活動、保健活動等の分野でも連携し、市特有の課題の発見やその対策の研究に繋げることも目的の一つです。活力ある地域づくりを実践し「健康のまち いいやま」を目指して取り組んでまいります。

ポンプ操法大会

飯山市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会

6月24日、消防団員の常時の訓練成果を発表するとともに、消防ポンプ操法技術およびラッパ吹奏技術の向上発展と士気の高揚に資することを目的に飯山市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会が開催されました。大会は、ポンプ車の部、小型ポンプの部およびラッパ吹奏の部が実施され、団員の皆さんは日頃の訓練の成果を十分に発揮して、身につけた技術を披露していました。

エコパーク寒川

エコパーク寒川フェア

6月17日、岳北広域行政組合の清掃センター「エコパーク寒川」において、第9回エコパーク寒川フェアが開催されました。施設見学や廃食用油を使った石けん作り、紙すき体験、地元藤沢区の皆さんによる山菜の販売や藤沢産たけのこ汁の無料サービスなど多くのイベントが用意されており、来場者の皆さんは体験や物販などそれぞれ楽しんでいました。

いいやまアスパラまつり

いいやまアスパラまつり

5月27日、第6回信越自然郷いいやまアスパラまつりが開催されました。会場には販売開始前からアスパラを求めるお客様で長蛇の列ができていました。また、会場ではアスパラ焼き、アスパラプリン等の販売や、アスパラの浅漬け、天ぷら、せんべいの試食もあり、来場者の皆さんは旬の飯山産アスパラに舌鼓を打っていました。

棚田田植え体験

棚田で田植え体験

5月20日、福島棚田保存会による棚田の田植え体験が行われ、市外からの参加希望者や東小学校の生徒が参加しました。参加された皆さんは、泥だらけになりながらもとても楽しそうに苗を植えていました。

飯山市ジャンプ体験教室

飯山市ジャンプ体験教室

5月11日、飯山市ジャンプ体験教室が開催されました。この体験教室は、飯山市ジュニアスキー育成連絡協議会と飯山市ジャンプ少年団が飯山市のスキージャンプ人口拡大プロジェクトとして開催しており、参加した子どもたちは、竹内択選手、岩渕香里選手、作山憲斗選手をはじめ飯山市にゆかりのある豪華な講師陣により、ジャンプの基本動作や斜面の滑降、ミニジャンプ台を使ってのジャンプなどを体験していました。

いいやま菜の花まつり

5月3日から5日まで、第35回いいやま菜の花まつりが開催されました。会場となった菜の花公園では様々なイベントが行われ、たくさんの来場者でにぎわっていました。 

いいやま菜の花まつり いいやま菜の花まつり

小菅里の家オープン

4月28日、小菅神社を始めとした文化的景観の価値を情報発信するとともに、都市住民と市民との交流を促進し、小菅の里における地域振興と活性化を図ることを目的に観光交流施設「小菅里の家」がオープンしました。28日は竣工式や内覧会が行われました。また、その後には小菅ガイドツアーが行われ、ツアー参加者には小菅の地粉を使ったそばが振る舞われました。

小菅里の家 小菅里の家 小菅里の家
菜の花ゲートボール

いいやま菜の花ゲートボール大会

4月21日・22日、県内外合わせて85チーム、460名が参加し、第15回いいやま菜の花ゲートボール大会が行われました。三重県から参加された方からは「日本を代表するすばらしい景色を楽しみに来ている」とお話ししていただきました。

幼年消防クラブ防火パレード

幼年消防クラブ防火パレード

4月16日から20日にかけて、各保育園・幼稚園の幼年消防クラブによる防火パレードが行われています。園児の皆さんは元気いっぱいにパレードし、元気な声で防火の歌を合唱して火の用心を呼びかけていました。

城山

飯山城址公園の桜が咲き始めました

4月11日、飯山城址公園の桜が咲き始めています。県外から里帰りで3年ぶりに城山を訪れたという方は「やっぱり城山の桜はきれいです。」とお話しされていました。また、ゴールデンウィーク前後には菜の花も見頃を迎えます。ふるさとの原風景を残す春の飯山にぜひお出かけください。

入園式

市内保育園で入園式が行われました

4月3日、市内の各保育園で入園式が行われました。少し緊張しながらも新しい環境に期待を膨らませているようで、名前を呼ばれるととても元気に返事をしていました。また、在園児の皆さんも新しい仲間が増えたことへの期待に胸を躍らせているようでした。

協定

災害時に効率的な消防活動を実施するための協定を締結

3月22日、「災害時における消防用水の確保に関する協定」と「消防活動の協力に関する協定」を北信生コン協同組合様、長野県建設業協会飯山支部様と締結しました。これらは他県で発生した大規模火災や大規模倉庫火災を受け、有事の際に効率的な消防活動を実施し、地域の安全の確保に寄与するために締結したものです。なお、この調印式は、岳北広域行政組合管内4市村による合同調印式として実施されました。

SNS

アキラのSNS100%活用術

3月10日、市民交流姉妹都市である大阪市で地域活性化事業に取り組まれているSNSのスペシャリスト「イナダアキラ氏」を講師に迎え、SNSの基本や活用についての学習会が開催されました。そもそもSNSとは、SNSの特徴、タグ付けのテクニック、SNSの残念な話など、受講者の皆さんは終始興味深く聞き入っていました。

いいやま逸品市

2月24日、飯山市若者会議の運営により「いいやま逸品市」が開催されました。飯山の伝統工芸、産業、農業、食の逸品をそれぞれの作り手が展示や体験、実演を含めながら紹介していました。来場されブースを見学された皆さんは、きっと飯山について新しい発見をすることができたのではないでしょうか。

いいやま逸品市 いいやま逸品市

平昌五輪ジャンプ競技モニター応援会

2月19日、平昌オリンピック・スキージャンプ男子ラージヒル団体戦に飯山市出身の竹内択選手が出場しました。文化交流館なちゅらでは、日本チームを応援するためモニター応援会が開催され、飯山から韓国・平昌へ熱い声援を送りました。

モニター応援 モニター応援

いいやま雪まつり、かまくら祭り

2月10日、11日、「いいやま雪まつり」「かまくら祭り」「秋津ゆきだるままつり」など市内では多くの催しが開催されました。天候にも恵まれ、たくさんの皆さんに会場に訪れていただきました。冬の飯山をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

雪まつり 雪まつり かまくら祭り

飯山駅前に「かまくら」が出現

2月1日、飯山駅前には冬の風物詩「かまくら」が出現しています。飯山駅を降りるとすぐに「かまくら」がご覧いただけます。また、今月10日、11日には「いいやま雪まつり」「かまくら祭り」「秋津ゆきだるままつり」が開催されるなど冬の飯山はイベントも盛りだくさんです。冬の飯山へぜひお出かけください。

かまくら かまくら

全国中学校スキー大会・全国高等学校スキー大会に出場

1月29日、秋田県で開催される第55回全国中学校スキー大会に出場する5名の選手の結団式が行われました。また、北海道と岐阜県で開催される第67回全国高等学校スキー大会に出場する12名の選手が市長を表敬訪問しました。選手の皆さんはそれぞれ大会に向けての力強い意気込みを語っていただき、市長からは激励金が贈呈されました。選手の皆さん頑張ってください。

全国高等学校スキー大会 全国中学校スキー大会

竹内択選手 平昌冬季五輪代表決定

1月18日、飯山市出身でソチオリンピックスキージャンプ男子団体メダリストの竹内択選手の平昌オリンピック代表決定をお祝いするとともに、オリンピックでの活躍を応援するため、市役所庁舎に懸垂幕を設置しました。飯山駅にも懸垂幕が設置され、市内でもオリンピックの雰囲気が盛り上がってきました。バンクーバー、ソチに続いて3度目のオリンピック出場となる竹内択選手に盛大な応援をよろしくお願いします。

平昌冬季五輪代表決定 平昌冬季五輪代表決定
2018ノルディック

ノルディックジュニア世界選手権大会に出場

1月11日、2018ノルディックジュニア世界選手権大会に出場する小林千佳さん(早稲田大学/飯山地区出身)と祖父江凛さん(飯山高校/太田地区)が市長を表敬訪問しました。同大会は1月28日から2月3日にかけてスイスで開催されます。両選手には市長から激励金が贈呈されました。小林選手、祖父江選手頑張ってください。

表敬訪問

全国高等学校選手権大会に出場

12月28日、全国高等学校選手権大会に長野県代表として出場する飯山市(飯山地区)出身の小野澤暢大さんが市長を表敬訪問しました。小野澤選手は現在東海大諏訪高校に在学され、12月16日に開催された長野県高等学校柔道選手権大会の男子66キログラム級で優勝し、全国高等学校選手権大会への出場を決めました。小野澤選手には市長から激励金が贈呈されました。小野澤選手頑張ってください。

米食味コンクール

米・食味分析鑑定コンクール国際大会他大会受賞報告会

12月25日、「第19回米食味分析鑑定コンクール国際大会」で入賞された米生産者・木島小学校・秋津小学校の皆さんと「第14回お米日本一コンテストinしずおか2017」で入賞された米生産者の皆さんから受賞の報告をいただきました。今年は、天候が不順な中で美味しいお米を作るのにとても工夫や努力をされたとのことでした。受賞された皆さんおめでとうございます。

飯山高校

地域の未来について足立市長と語る会

12月20日、飯山高等学校で「地域の未来について足立市長と語る会」が開催され、飯山高校生と足立市長が飯山市の課題について考え、飯山市の将来について語り合いました。高校生からは、市の将来を担う若者らしい視点から様々な意見や要望が出されました。

バサースト

豪州バサーストハイキャンパス訪問団報告会

12月14日、ホームステイをしながら市教育委員会・飯山高等学校と姉妹校協定を結んだバサーストハイキャンパスの生徒と交流授業を行った中高生10名が、報告会を行いました。「自分から積極的に話しかけることが大切だと感じた」「もっと英語を勉強したい」といった前向きな発言がとても印象的でした。

PTA

「優良PTA文部科学大臣表彰」受賞報告

11月28日、優良PTA文部科学大臣表彰を受けた東小学校PTAから受賞の報告をいただきました。平成25年度から地域を挙げて取り組んでいる「あいさつ運動」の取組をはじめ、PTA、保護者、地域が一体となり活動していることが評価されました。

第九

市民第九コンサート

文化交流館開館を契機に、「なちゅらで第九をうたおう」という呼びかけで昨年結成された市民第九合唱団。11月26日、今年も一流のソリストとオーケストラ 、そして信越自然郷エリア各地から多くのメンバーが結集し、市民第九コンサートを開催しました。

囲碁

大竹優二段による指導碁

11月25日、飯山市出身の大竹優二段が来飯され、思い出のある日本棋院飯山支部のメンバーらと多面打ち(8人)を行いました。これからもますますのご活躍を期待しています。

シンポジウム

飯山激特竣工30周年記念シンポジウム

11月23日、昭和57年樽川堤防の決壊、同58年の千曲川堤防の決壊による千曲川・樽川河川激甚災害対策特別緊急事業の竣工から30年の節目を迎え、これからの地域防災を考える飯山激特竣工30周年記念シンポジウムが開催されました。

縦断駅伝

長野県縦断駅伝競走

11月18日・19日、長野県の北から南までの217.5Km、22区間の襷をつなぐ第66回長野県縦断駅伝競走が開催されました。飯山栄チームは12時間41分代で走り抜き、順位は13位でした。選手・役員の皆さんお疲れさまでした。

北条新そばまつり

11月18日、11年目を迎える「北条新そばまつり」が開催されました。昼の部・夜の部ともに、多くの来場者が新そばを楽しんでいらっしゃいました。主催した北条そばの会では、「これからも伝統のぼくちそばとニ八そばで頑張ってまいります。」とのことでした。

北条新そばまつり1 北条新そばまつり2

木島小学校児童が信州の伝統野菜「坂井芋」を販売

11月16日、木島小学校6年生児童19名が、道の駅「花の駅・千曲川」で信州の伝統野菜「坂井芋」を販売しました。児童たちは、春から総合的な学習の時間を利用して伝統野菜である坂井芋を栽培。当日は、学習の成果として作成した手作りパンフレットを手渡すとともに、坂井芋のおいしさを訪れた方々にアピールしました。

木島小 坂井芋
シクロクロス

シクロクロスミーティング飯山大会

11月11日、12日、シクロクロスミーティング飯山大会が長峰運動公園内で開催されました。全国からトップクラスのライダーが集まり、迫力のレースを繰り広げました。

除雪機械出陣式

除雪機械出陣式

11月10日、本格的な降雪期を迎えるに当たり、除雪機械出陣式(市街地デモ走行)を行いました。この冬は、1,061路線、385.97kmを合計92台の機械で除雪を行います。除雪作業にご理解とご協力をお願いします。

米・食味コンクール

米・食味コンクール表彰式

11月3日、飯山市米・食味コンクールの表彰式が行われ、飯山のおいしいお米グランプリ1名、準グランプリ1名、優秀賞3名の表彰が行われました。なお、今年の応募総数は68点あり、そのうち基準をクリアして「第19回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」へ出品されたお米は65点と、この大会を通して出品される数としては過去最多の出品数となりました。

ハロウィン

いいやま広小路ハロウィン・ガーデンパーティー

10月28日、国の登録有形文化財に登録されている飯山復活教会飯山復活教会周辺で、いいやま広小路会議主催によるハロウィン・ガーデンパーティーが開催されました。怖くてかわいいおばけなどに仮装した子どもたちは、本場アメリカの伝統的ゲームやお菓子などを楽しみ、辺りには賑やかで元気な声が響いていました。Trick or Treat!

千曲川・高社山 SEA TO SUMMIT

10月21日・22日、千曲川から高社山までをカヌー・自転車・登山の3種のアクティビティでつなぐ「千曲川・高社山 SEA TO SUMMIT 2017」が開催されました。参加された皆さんは、千曲川の雄大な流れをカヌーで下り、日本の原風景の中を自転車で走り、地域のシンボル高社山を駆け上がりました。

SEATOSUMMIT1 SEATOSUMMIT2 SEATOSUMMIT3

千曲川周遊・菜の花サイクルコース試走イベント・いいやま花フェスタ

10月15日、飯山駅~寺町~千曲川沿いを周遊するサイクリングコース上の道路案内表示が完成したことを記念して試走イベントが開催され、自転車愛好家の皆さんが整備されたコースを駆け抜けました。
14日、15日には第17回となる「いいやま花フェスタ~寺町花街道~」が開催されました。創作寄せ植え、ハンギング、コケ玉などが一帯を華やかに飾り、来場された方をおもてなししていました。

試走イベント1 試走イベント2 花フェスタ1 花フェスタ2
飯山市駅伝大会

第44回飯山市駅伝大会

10月8日、第44回飯山市駅伝大会が開催され、それぞれのチームが練習の成果を発揮して熱戦が繰り広げられました。沿道の大声援の中、小学生から大人まで全力で走る選手たちの姿に胸を打たれました。なお、今大会は、木島Aチームが4年ぶりの優勝を果たしました。おめでとうございました。

ふるさと飯山会

ふるさと飯山会

9月30日、都内でふるさと飯山会交流会が開催されました。ふるさと飯山会は、首都圏などにお住まいの市出身者や市にゆかりのある方などで構成される会員数約300名の団体です。この日は約130名が出席。おやきや富倉そばなど郷土食のふるまいや餅つき、農産物の販売が行われた会場では、会員の皆様が懐かしい話に花を咲かせていました。ふるさと飯山会では随時会員を募集しています。1年に1度の交流会や定期的な市情報の送付を行っています。市出身者だけでなく、飯山が好きという方なら大歓迎です。ぜひご入会ください。(詳しくは企画財政課まで)

市長表敬訪問

長野県障がい者スポーツ大会成績報告・全国障がい者スポーツ大会出場報告 市長表敬訪問

10月2日、長野県障がい者スポーツ大会の成績報告と全国障がい者スポーツ大会への出場報告のため、選手10名が市長を表敬訪問しました。県大会には飯山市から12名の選手が出場し9名がメダルを獲得しました。また、フライングディスク競技で金メダルを獲得し愛媛県で開催される全国大会への出場が決定した竹田選手には市長から激励金が贈呈されました。県大会で活躍された選手の皆さんおめでとうございました。竹田選手全国大会頑張ってください!

北信州ハーフマラソン

信越自然郷 北信州ハーフマラソン

9月24日、飯山市、野沢温泉村、木島平村を会場に「信越自然郷 第5回北信州ハーフマラソン」が開催され、2,000人を超えるランナーが、ハーフマラソンは野沢温泉村役場を、10kmマラソンは木島平村役場を、3kmマラソンは飯山市本町商店街をそれぞれスタートして秋晴れの信越自然郷を駆け抜けました。また、ゴール付近の本町商店街では信越自然郷9市町村から旬のおいしい農産物、加工品、土産品などを一堂に集めた「うまいもの市」が開催され、たくさんの来場者が秋の恵みを楽しんでいらっしゃいました。

ジャンプ体験教室

ジャンプ体験教室

8月30日、飯山市ジュニアスキー育成連絡協議会と飯山市ジャンプ少年団によるジャンプ体験教室が開催されました。講師には北野建設スキー部所属の竹内択選手、渡部暁斗選手、作山憲斗選手、岩渕香里選手をはじめ、国内、国外で活躍する選手をお招きし、ジャンプの基本動作や斜面の滑降、特設のミニジャンプ台を使ってのジャンプなどを指導いただきました。参加した子ども達は初めての経験に興奮した表情でした。平成32年度は冬季インターハイの開催が決定し、スキーへの関心が一層高まります。次のオリンピック選手がこの体験教室から生まれるかも…

いいやま灯篭まつり

いいやま灯篭まつり

8月11日、いいやま灯篭まつりが開催され、JR飯山駅から本町商店街、飯山城址や高橋まゆみ人形館のある愛宕町までを伝統工芸品である内山紙やペットボトルを使用した大小合わせて2万個の灯篭が、夏の飯山を幻想的に彩りました。
いいやま灯篭まつりはIIYAMA DANCE FES!!!などの「動」と、灯篭演出や和楽器の癒しの演奏などの「静」の二部構成で開催され、、ご来場いただいた多くの皆さまには、「動」と「静」、様々に表情を変える夏の飯山をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

子ども議会

飯山市子ども議会

7月31日、今年度策定を予定している飯山市第5次総合計画後期基本計画の策定に当たり、市の事業・施策に対して小・中学生が考える意見や提言をしていただく場として、子ども議会を開催しました。
子ども議会では、各学校の代表11人から、それぞれ小・中学生ならではの視点から、新鮮な意見や提案をいただきました。

飯山市ホストタウン事業

飯山市ホストタウン事業/中国深圳市福田区・飯山市国際交流事業

7月21日、飯山市ホストタウン事業/中国深圳市福田区・飯山市国際交流事業として、深圳市福田区より中国の伝統的な切り紙の芸術家である袁曼君さんが来日され、「袁曼君切り紙ショー(実演と作品展示)」が開催されました。飯山市と深圳市福田区とは2012年7月から友好交流都市となり、双方が行き来しながら様々な国際交流を行っています。この日は、一般参加の皆さんとともに市内の小学生も切り紙の体験交流に参加し、異文化に触れながら切り絵を楽しんでいました。

信州DCオー プニングセレモニー

信州デスティネーションキャンペーン

7月1日、信州デスティネーションキャンペーンの初日にあわせ、JR飯山駅においてオープニングセレモニーを開催しました。花かまくら除幕式、ゆるキャラ 等によるお出迎え、飯山小学校合唱団による合唱などで来訪されるお客様をお出迎えしました。また、世界一小さな商店街と 銘打った「ターミナルいいやま」のオープニングセレモニーも同時開催されました。
ついにスタートした信州デスティネーションキャンペーン。 期間中は、飯山市でもイベントが盛りだくさんです。ぜひ飯山市へお出かけください。

飯山市代表選手壮行会

日中国交正常化45周年記念 日中友好交流都市中学生卓球交歓大会 飯山市代表選手壮行会

6月29日、日中国交正常化45周年を記念して8月に中国北京市内で開催される「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」に飯山市代表選手として出場する畔上巧さんと佐野来珠さんの壮行会を開催しました。畔上さんと佐野さんは、飯山市が友好交流を行っている中国広東省深圳市福田区との合同チームを結成して大会に参加します。お二人からはそれぞれ大会に向けた熱い決意表明がありました。畔上選手、佐野選手がんばれ!

飯山市中学生代表選手選考会

日中国交正常化45周年記念 日中友好交流都市中学生卓球交歓大会 飯山市中学生代表選手選考会

6月10日、日中国交正常化45周年を記念して8月に中国北京市内で開催される「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」の代表選手を選考するため、飯山市中学校代表選手選考会が開催されました。「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」は、日中両国の中学生による卓球交歓大会を通じて、友好交流の輪を大きく広げることを目的としており、飯山市は、友好交流を行っている中国広東省深圳市福田区との合同チームを結成してこの大会に参加します。

友好都市協定

東京都国分寺市と「友好都市協定」を締結

5月17日、平成24年に「災害時相互応援に関する協定書」を締結した国分寺市と当市は、友好都市協定を締結しました。
災害時だけでなく日頃からの交流活動を促進し、両市の友好関係をより一層強固なものにしてまいります。

菜の花まつり

第34回いいやま菜の花まつり

5月3日から5日まで、第34回いいいやま菜の花まつりが開催されました。まつりのコンセプトは、「ハッピーイエロー」。満開の菜の花が来場者を歓迎し、「幸せを呼ぶ黄色グッズのクラフトフェア」、「ハッピーイエローコンサート」、「黄色の仮装を行う仮装大会」、「イメージソングオーディション」など多彩なイベントにより、菜の花公園は大変な賑わいでした。

回遊ルート美化活動

まちなか回遊ルート美化活動

4月27日、全国各地から当市を訪れる皆さまへのおもてなしのため、飯山市建設業協会様が中心となって「まちなか回遊ルート美化活動」が行われ、市では激励式を開催しました。
この活動により、土砂類が2tトラック2台分、コンクリート殻類が土のう袋3袋、一般ごみが土のう袋12袋集積されました。

ハッピーイエロー大作戦

今年で第34回を迎えるいいやま菜の花まつりのコンセプトは、「ハッピー・イエロー」です。そのコンセプトカラーである黄色を主体とした装飾で、春の飯山市を訪れるお客様をお迎えしようとする活動が市内でスタートしています。
装飾の材料には豪雪地、飯山市が生み出した伝統的工芸品「内山紙」が用いられています。
これらの装飾をご覧いただけるのは、次の2か所です。
・飯山駅観光交流センター 4月13日(木)から5月上旬まで
・本町商店街アーケード 4月18日(火)から5月上旬まで

ハッピーイエロー1 ハッピーイエロー3 ハッピーイエロー4
菜の花サイクル

菜の花飯山サイクルロードレース大会

4月15日、16日に菜の花飯山サイクルロードレース大会及び全日本学生ロードレースカップ第一戦菜の花飯山ラウンドが開催されました。レースは飯山市長峰スポーツ公園内針湖池外周道路を使用して行われ、プロを目指す選手や社会人選手も出場し、レベルの高いレースが繰り広げられました。

農業研修センター

飯山市農業研修センター開所

4月4日、次世代の農業後継者を育成するため、ながの農業協同組合みゆき支所内の株式会社アグリみゆきに飯山市農業研修センターを設立しました。
研修センターでの研修は、主に株式会社アグリみゆきの指導員が、研修生の指導を行います。
事務局は、飯山市経済部農林課に置き、ながの農業協同組合みゆき営農センターとともに事業を運営します。

DC100日前

信州デスティネーションキャンペーン100日前イベント

3月23日、平成29年7月から9月にJRと自治体が行う観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」の100日前イベントが飯山駅にて行われました。
イベントではキャンペーン開始までのカウントダウンパネル除幕式や、キャンペーンに合わせて飯山線で運行されるラッピング車両のお披露目が行われました。

有事に備えて

2月22日、㈱ゼンリンと北信測量設計事業協同組合とそれぞれ災害発生時の協定を締結しました。
㈱ゼンリンとは災害発生時の位置確認や現地調査、自衛隊など市外からの援助・応援団体との情報共有に使用するため、最新の住宅地図や広域地図、住宅地図ネット配信サービスなどの提供を受けます。
北信測量設計事業協同組合とは被災直後の復旧に向けて発生する測量や調査に着手するため、技術的・人的支援を受けることとなります。

災害時の協定1 災害時の協定2

祝 飯山高等学校スキー部 男子総合優勝、女子準優勝

2月2日~6日に群馬県片品村にて開催された第66回全国高等学校スキー大会で飯山高等学校スキー部が男子総合優勝、女子準優勝し、2月18日飯山駅から飯山高等学校まで祝賀パレードが行われました。
吹奏楽部の演奏とともにスキー部の選手が行進し、沿道には多くの市民が旗や手を振り、選手の活躍をお祝いしました。

飯山高等学校パレード1 飯山高等学校パレード2 飯山高等学校パレード3
糸魚川大規模火災義援金

糸魚川大規模火災義援金の贈呈

みゆき野飯山ロータリークラブさんが、糸魚川大規模火災の義援金を贈るため、去る2月11日~12日に開催された第35回いいやま雪まつり会場にて、飯山学園のこども達と協力し「チャリティもちつき」を実施しました。
多くの来場者にご協力いただいた義援金206,260円が2月15日、飯山市長に贈呈されました。

ベビーカー設置

市役所にベビーカーを設置

市では、お子さま連れの方が市役所を訪れた際に利用していただけるよう、ベビーカーを正面玄関に設置しています。
窓口でのお手続きなど乳幼児をお連れの方の手助けになればと設置しておりますので、ぜひご利用ください。
市では乳幼児のいるご家庭の外出時の不安を少しでも減らし、活動しやすい環境づくりのため、市内の各公共施設等にもベビーカーだけでなく、トレイへのおむつ交換シートやベビーキープ等の専用設備の設置を順次進めています。

雪まつり、かまくら祭り大盛況

2月11日、12日の2日間、第35回いいやま雪まつりと第17回かまくら祭りが開催されました。
2日間とも雪が舞う時間もありましたが、概ね天候にも恵まれたくさんのお客様にお越しいただきました。
今年は北陸新幹線飯山駅前にも大型雪像が作られ、新幹線を利用するお客様などで大変賑わいました。

いいやま雪まつり1 いいやま雪まつり2 いいやま雪まつり3 かまくら祭り1 かまくら祭り2 かまくら祭り3
作文受賞

中学生作文コンテスト・コンクール優秀作品受賞

城北中学校の2人が全国規模の作文コンテスト・コンクールで優秀な結果を収め、足立市長へ報告しました。
受賞されたのは丸山詩織さん(城北中3年)と栗岩裕紀さん(城北中2年)で共に全国規模の作文コンテスト・コンクールで最高賞を受賞されました。受賞された作文は以下のとおりです。

 

  丸山詩織さん

  「第4回中高生のための作文・絵画コンテスト」 NPO法人日本トルコ文化交流会

  中学生・作文部門 最優秀賞 題:「人はどんな時も」

 

 栗岩裕紀さん

  「イオン1%クラブ 中学生環境作文 コンクール」 イオンワンパーセントクラブ

  金賞 題:「地域存続農業後継者として大地を緑に」 

 

全中スキー大会出場

第54回全国中学校スキー大会出場

2月2日から山形県で開催される第54回全国中学校スキー大会に出場する飯山市選手団が1月27日表敬訪問を行いました。
出場される選手は、クロスカントリー競技 佐藤留旗選手(城南中2年)、小林皓生選手(城北中3年)、小坂飛翔選手(城北中3年)、清水直也選手(城北中3年)、アルペン競技 栗田湧斗選手(城北中2年)の5選手です。
各選手は第55回長野県中学校総合体育大会冬季大会スキー競技会において上位に入り、全国大会の出場を決めました。それぞれベストを尽くして頑張ってください!!!

ノルディックジュニア世界選手権出場

1月30日からアメリカ・パークシティで開催されるノルディックジュニア世界選手権大会に日本代表選手として出場する飯山市出身の3選手が足立市長を表敬訪問しました。
出場される選手は中村優斗選手(明治大学1年飯山高校卒)、小林千佳選手(飯山高校3年)、祖父江凛選手(飯山高校1年)の3選手で、それぞれ合宿や大会で成績上位となり選考されました。3選手ともがんばってください!!!

ノルディックジュニア世界選手権出場1 ノルディックジュニア世界選手権出場2
郵便局との協定

市民が安心して暮らせる地域社会に

日本郵便㈱の飯山市内郵便局と飯山市は郵便局のネットワークの公益性、地域性を活かし自治体との連携、協力により市民生活の安心・安全及び環境保全に資することを目的に「地域における協力に関する協定」を締結し、1月17日調印式を行いました。
協定では、飯山市内での業務中に住民の異変、道路の異状、不法投棄などの情報を業務に支障のない範囲で飯山市へ情報提供するものとなっています。

コンビニ交付開始

コンビニ交付サービス開始

平成29年1月10日から飯山市に住民票があり、マイナンバーカードをお持ちの方は住民票の写し等をコンビニの店舗で取得することができるようになりました(※15歳未満の方は利用できません)。このサービスにより市役所が閉庁となっている日曜祝日や夜間などに交付を受けることができます。また市外でも大手コンビニで交付を受けることが可能です。

米コンクール受賞者報告

受賞報告会

12月21日、米食味分析鑑定コンクール国際大会他大会において入賞された市内の小学校、米生産者の皆さんから受賞の報告をいただきました。米食味分析鑑定コンクール国際大会ではFaith Farm水野尚哉さんが特別優秀賞、小学校部門で木島小学校5年生が金賞、秋津小学校が特別優秀賞を受賞しました。また、お米日本一コンテスト2016では沼田浩徳さんが最高金賞を、佐藤嘉一さんが金賞をそれぞれ受賞されました。生産者の皆さんおめでとうございます。

渡辺君表敬訪問

こども棋聖戦(囲碁全国大会)3位入賞報告

12月10、11日に岡山県倉敷市で行われた棋聖戦(囲碁全国大会)高学年の部で3位に入賞した飯山小学校6年渡邉創太君が市長を表敬訪問しました。
大会は都道府県の予選を勝ち抜いた代表で行われ高学年の部は48名が参加、「こども棋聖」の称号をかけて行われました。渡辺君は見事予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントでは惜しくも敗れましたが、見事3位となりました。

市民第九コンサート

文化交流館なちゅらの開館を記念して結成された「市民第九合唱団」とプロオーケストラによる市民第九コンサートが11月27日なちゅらで行われました。
合唱団は飯山市を中心に信越自然郷の構成市町村からもご参加いただき構成されており、今年5月からコンサートに向けて練習を重ね、素晴らし歌声を響かせていました。
また、コンサートには今年9月に「市民交流姉妹都市宣言書」を取り交わした大阪市の市民の皆さんにも参加いただき、交流が深められました。

市民第九コンサート1 市民第九コンサート2 市民第九コンサート3

ふるさとを再発見し創生する

11月23日、スローライフ・フォーラムIN飯山が飯山市文化交流館なちゅらにて開催されました。
本会は、NPOスローライフ・ジャパンが企画し、毎年全国で開催しているもので、地域の魅力を再発見し、それを市外に発信することで地域の認知度を上げ、地域おこしや活性化を進め地方を創生しようとする取り組みです。
基調講演、6月から3回行われた分科会からの提言、パネルディスカッションが行われ、地域活性化について議論を交わしていました。

スローライフフォーラム1 スローライフフォーラム2 スローライフフォーラム3

44年ぶりにSL飯山へ

11月19日、20日の2日間「SL飯山線ロマン号」のイベント運行が行われました。
飯山市内をSLが走るのは昭和47年以来となり、実に44年ぶりとなりました。
飯山駅をはじめ飯山線沿線では大変たくさんの方がSLを見ようと集まり、SLを歓迎しました。また、駅周辺やなちゅら、ふるさと館ではSLに関連したイベントも行われ、お子さんから年配の方まで多くの方で賑わいました。
10月からの試験運行から始まりイベント当日まで沿線の警備等で大変多くの市民の皆様にご協力をいただき、誠にありがとうございました。

SLイベント1 SLイベント4 SLイベント2 SLイベント5 SLイベント3 SLイベント6 SLイベント7
戸那子バイパス開通

戸那子バイパス開通

平成26年度から長野県が整備を進めていた主要地方道飯山野沢温泉線木島平~飯山市戸那子バイパスが完成し、11月15日開通式が行われました。
バイパスの整備により道幅が狭く大型車のすれ違いが困難な戸那子集落内を回避し、安全で円滑な交通が可能となります。

サマージャンプ

第24回飯山市サマージャンプ大会

11月12、13日の2日間に渡り、第24回飯山市サマージャンプ大会が飯山シャンツェで行われました。
2日間とも天候に恵まれ、県内外から100名を超える選手に参加いただき飯山の街を見下ろすジャンプ台で熱戦を繰り広げていました。

ハロウィン・ガーデンパーティー

10月29日、飯山復活教会を中心にハロウィン・ガーデンパーティーが行われました。
いいやま広小路会議の主催で行われ、思い思いに仮装した子供たちがたくさん集まり、市内をパレードしました。
パレード後にはライトアップされた教会をバックにガーデンパーティーが行われ、ハロウィンを楽しんでいました。

ハロウィン1 ハロウィン2 ハロウィン3

山の心、人の心、修験道と飯山

10月25日、文化財シンポジウム「山の心、人の心、修験道と飯山」が瑞穂地区小菅区講堂で行われました。
飯山市瑞穂地区小菅山は中世の頃に北信濃三大修験霊場として栄え、今でも信仰色が色濃く残る山として多くの人の心を引き付けています。
今回は、小菅山と関わりの深い「修験道」について学び、飯山の豊かな自然の価値や魅力を再認識することを目的に開催されました。シンポジウムでは、小菅の修験道の場所としての魅力などについて話し合いがされました。

文化財シンポジウム1 文化財シンポジウム2 文化財シンポジウム3

SL試験運行

11月19、20日に運行される「SL飯山線ロマン号」の試験運行が10月19日より始まっています。
今回の試験運行では、多くの市民の皆様に沿道の警備等でご協力をいただいております。今後も行われる試験運行やイベント運行当日につきましても、引き続き市民の皆様のご協力をよろしくお願いします。

SL試験運行1 SL試験運行2 SL試験運行3

飯山市駅伝大会

10月9日、第43回飯山市駅伝大会が開催されました。
地区公民館単位で編成された23チームが市内を南北に走る16区間35.5キロのコースを走りました。
競技開始までは雨模様でしたがスタートしてからは曇り空となり、選手に皆さんは地元の声援を受けてタスキをつないでいました。

飯山市駅伝1 飯山市駅伝2 飯山市駅伝3
飯山市起業支援センター

飯山市起業支援センター開所式

10月3日、飯山市起業支援センターの開所式を行いました。飯山市起業支援センターは、新たに事業を行おうとする方、事業を起こしてから間もない方、新分野への事業を展開しようとする方を支援することにより、安定的・継続的な事業活動を行うことができる起業者を育成して新たな雇用の場の創出を図るとともに、地域産業の発展に資するための業務を行います。施設の設備は個別オフィス、共同オフィス、研修室、会議室などを備えており、高速ネット環境も完備しています。

秋のイベント盛りだくさん

2016寺町花街道いいやま花フェスタが10月1日・2日の2日間行われました。
会場となった愛宕町雁木通りには市民の皆様が丹精込めて育てた花の寄せ植え、ハンギング作品が飾られ、寄せ植えやコケ玉の講習会や音楽の演奏、コンサートなどが行われました。
同じ日に飯山市公民館を中心に行われた「見よう!学ぼう!集まろう!学びのエリア秋祭り2016」では、日光さる軍団いくみ(飯山市出身)と秀吉によるさるまわしが行われ、多くの子供たちでにぎわいました。
そのほかにも様々なイベントが行われ、賑やかな秋の2日間でした。

秋のイベント1 秋のイベント2 秋のイベント3 秋のイベント4 秋のイベント5 秋のイベント6

北信州の実りの秋を走る

9月25日、信越自然郷第4回北信州ハーフマラソンが開催されました。
空模様が心配されましたが、天候にも恵まれ今年も2,000人を超えるランナーが秋の信越自然郷を走り抜けました。
ゴールした選手には地元のくだものやおにぎり・野沢菜漬けが振る舞われ、同時開催された信越自然郷うまいもの市では飯山市や近隣市町村のうまいもの・特産品を求めて多くの方で賑わっていました。

ハーフマラソン1 ハーフマラソン2 ハーフマラソン3 ハーフマラソン4 ハーフマラソン5 ハーフマラソン6
棚田稲刈り

棚田の実り

「日本の棚田百選」にも選ばれている瑞穂地区福島新田の棚田で、9月17日稲刈り体験が行われました。
稲刈りは昔ながらの手刈りで行われ、稲を天日干しするはぜかけ作業も行い、地元の小学生たちは自分の体と同じほどの大きな稲の束を一生懸命はぜにかけていました。

平成28年度飯山市総合防災訓練

9月3日(土)平成28年度飯山市総合防災訓練を開催しました。
今回の訓練は「大地震が発生し、飯山観測所では震度6強を観測、市内全域で家屋の倒壊、火災等甚大な被害が発生した」との想定で行われました。
今回は、いつ起こるか分からない地震に対して市民一人ひとりが一斉に行う初動訓練(シェイクアウト)を実施し、「しゃがむ、隠れる(頭を守る)、じっとする」といった命を守る安全行動を1分間行っていただきました。
その他、対策本部の設置、災害情報の収集、負傷者の救出、ライフラインの復旧等訓練を行い、地元太田地区の皆様にも参加していただきました。このような訓練をきっかけに、日頃から防災意識を高めていただければと思います。参加していただいた皆様ありがとうございました。

防災訓練1 防災訓練2 防災訓練3 防災訓練4 防災訓練5 防災訓練6
開所式入社式

まちと人を、耕す。

市が誘致に取り組んでいました「障害者福祉就労事業所(A型事業所)」について、9月1日より事業を開始することとなりました株式会社フジすまいるファーム飯山の開所式・入社式が行われました。すまいるファーム飯山は、今後農産物の生産・販売を行うことで障害者に就労機会を提供するとともに、仕事を通じて社会とのつながりや、働く喜びを感じていただけるよう環境づくりを行うとしています。

新城南中学

新校舎でスタート

8月26日、城南中学校新校舎入校式・二学期始業式が行われました。
新校舎は飯山高校旧南キャンパスを中学校仕様にするための改修工事を実施し、改修工事が完了する7月ごろから引越しを行い、2学期より新城南中学校として開校しました。

インターハイ(水泳)

インターハイ(水泳)出場!!

8月17日から広島市で開催される全国高等総合体育大会(インターハイ)水泳競技大会第84回日本高等学校選手権水泳競技大会に長野県代表として飯山市木島地区出身の佐藤廉選手が出場することとなり、市長を表敬訪問しました。
佐藤選手は佐久長聖高校に在籍し、長野県大会・北信越大会で好成績を収め、インターハイ出場を決めました。佐藤選手がんばれ!!

いいやま灯篭まつり

飯山の夏の風物詩である「いいやま灯篭まつり」が行われました。
前半のダンスイベントには17チームが参加し会場を盛り上げてくれました。
薄暗くなり始めると大小様々な灯篭が道を埋め尽くし、灯篭のやわらかな光で飯山の街を灯していました。

灯篭まつり1 灯篭まつり2 灯篭まつり3 灯篭まつり5 灯篭まつり5 灯篭まつり6
全中剣道大会

全中剣道大会出場!!

8月19日から長野市で開催される平成28年度全国中学校体育大会(全中)第46回全国中学校剣道大会に長野県代表として飯山市出身の金崎礼選手が出場することとなり、市長を表敬訪問しました。
金崎選手は佐久長聖中学校に在籍し、長野県中学校剣道大会団体戦で優勝し全国大会へ出場します。金崎選手がんばれ!!

更新日 2019年07月22日