トップページ » 市役所の組織機構 » 保健福祉課 » 高齢者介護保険係 » 介護保険料の減免について

介護保険料の減免について

台風19号により家屋等が浸水の被害を受け、介護保険料の納付が困難となった第1号被保険者(65歳以上)の方は、

申請により保険料が免除または減免となる場合があります。

本人確認資料・印鑑・り災証明書を持参のうえ、市役所保険福祉課 高齢者介護保険係で申請手続きをしてください。

 

対象者

本人またはその属する世帯の生計維持者が居住する家屋等が、浸水等により著しい損害を受けた第1号被保険者

必要な書類

減免申請書・り災証明書(写し可)

減免期間

令和元年10月〜令和2年3月(6ヶ月)

減免率

家屋等の損害の程度と総所得金額により、次表のとおり

対象の第1号被保険者の

前年の総所得金額

軽減割合
家屋等の損害の程度

床上浸水

(全壊)

床上浸水

(大規模半壊・半壊)

床下浸水

(一部損壊)

200万円以下  100% 50% 対象外

200万円を越え

300万円以下

 50%

 25%

300万円を越え

400万円以下

 25%  12.5%
400万円を越える 対象外

 

※減免後の保険料の納付について

 介護保険料を減免するにあたり、現在保険料を特別徴収(年金天引き)で収めていただいている方については、

年金からの天引きが一時的に停止となります。減免率が100%(全額減免)以外の方は、減免後の保険料を普通

徴収(現金払いまたは口座振替)で納めていただきますので、後日送付される納入通知書で納付をお願いします。

 

 

更新日 2019年11月05日