トップページ » 市役所の組織機構 » 企画財政課 » 企画調整係 » 北信地域定住自立圏共生ビジョン

北信地域定住自立圏共生ビジョン

第三次北信地域定住自立圏共生ビジョンを策定しました

 平成24年度から、中野市、飯山市、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村、栄村の2市1町3村では、北信地域に住んでいる皆様が安心・安全に生活し続けられるように、北信地域定住自立圏を形成し、様々な事業に取り組んでいます。また、平成29年度には、令和3年度までを計画期間とする、「第二次北信地域定住自立圏共生ビジョン」を策定し、40項目の事業を推進してきましたが、当該計画が令和3年度末で終了することから、この度、「第三次北信地域定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

 

計画期間

 令和4年度(2022年度)から令和8年度(2026年度)までの5年間です。

 

第三次北信地域定住自立圏共生ビジョンの内容

 第三次北信地域定住自立圏共生ビジョンについては、以下をご覧ください。

 第三次北信地域定住自立圏共生ビジョン (PDF形式:876.2KB)

 

 

 北信地域定住自立圏共生ビジョンとは

 飯山市と中野市は、定住自立圏構想における共同中心市として、平成24年6月19日に中心市宣言を行い、その後、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村及び栄村と北信地域定住自立圏の形成に向けて、連携事業や役割分担について協議を進めてきました。

 平成24年12月13日には、本年の市議会12月定例会で議決を得た「北信地域定住自立圏形成に関する協定」を山ノ内町、木島平村、野沢温泉村及び栄村と締結しました。また、協定に基づく具体的な取り組みを進めるため、北信地域定住自立圏共生ビジョン懇談会の検討を経て、「北信地域定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

 医療や地域公共交通の確保、広域観光の推進など、住民の皆様に必要不可欠な事業について、圏域内の市町村が連携して取り組み、圏域の活性化と定住人口の促進を図ります。

 

 ► 中心市宣言(PDF形式:693KB)

 ► 北信地域定住自立圏の形成に関する協定書(PDF形式:102KB)

 ► 北信地域定住自立圏共生ビジョン(PDF形式:288KB)

 ► 第二次北信地域定住自立圏共生ビジョン(第4版)(令和2年11月発行)(第二次北信地域定住自立圏共生ビジョンのサイトへ移動します)

 

■趣旨

 安心して暮らせる持続可能な地域を形成し、大都市圏への人口流出による地方圏の人口減少を食い止める国の定住自立圏構想の下、圏域として必要な生活機能の確保に関して中心的な役割を担う中心市と連携する意思を有する連携市町村が、役割分担と相互の連携協力の下に行う取組等について協議し、圏域全体の活性化と魅力ある地域を形成するものです。

 

■構成市町村

 中 心 市:中野市 飯山市

 連携市町村:山ノ内町 木島平村 野沢温泉村 栄村

 

■これまでの取組内容

 ・平成24年  6月19日  中野市、飯山市が中心宣言を行う。

 ・平成24年12月13日  中野市及び飯山市と山ノ内町、木島平村、野沢温泉村、栄村との間で「定住自立圏形成協定」を締結

 ・平成24年12月20日  北信地域定住自立圏共生ビジョン策定

 ・平成29年  2月  8日  第二次北信地域定住自立圏共生ビジョン策定

 ・令和  4年  2月 14日  第三次北信地域定住自立圏共生ビジョン策定 

 

■定住自立圏構想について

 定住自立圏構想は、こちらをご覧ください。(定住自立圏構想のサイトへ移動します)

お問い合わせ

更新日 2022年03月24日