トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » 国民健康保険でみてもらえないもの・制限されるもの

国民健康保険でみてもらえないもの・制限されるもの

次のようなときは、国保の保険給付の対象とならなかったり、給付が制限される場合があります。


●正常な妊娠・出産(医療給付の対象にはなりませんが、出産育児一時金が支給されます。
●経済上の理由による妊娠中絶
●健康診断・集団検診・予防接種
●歯列矯正・美容整形等
●仕事上の病気やケガ(労災保険の適用)
●相手方のいる交通事故など(第三者行為)によるケガ→こちらをご参照ください
●以前勤めていた職場の健康保険が使えるとき
●けんか、泥酔による病気やケガ
●犯罪を犯したときの病気やケガ(飲酒運転による自損事故のケガなど)
●医師や国保からの指示に従わなかったとき

 

お問い合わせ

更新日 2020年02月27日