トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » ジェネリック医薬品を上手に利用しましょう

ジェネリック医薬品を上手に利用しましょう

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に作られた薬(先発医薬品=新薬)の特許終了後に有効成分・効能等が同じ医薬品として厚生労働省に認可されて製造・販売された薬です。

 

新薬を開発するには長い時間と多大な費用がかかるのに対して、ジェネリック医薬品は開発・研究にかかる時間や費用が少ない分、価格も新薬より安く抑えることができます。

 

ジェネリック医薬品を選ぶことは、薬代を低く抑え、自己負担額の節約や伸びつづける医療費の削減も期待できます。

 

ただし、症状や病状などから、医師や薬剤師の判断でジェネリック医薬品に変更できない場合がありますし、全ての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。

 

まずは、かかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。

 

国民健康保険に加入されている世帯には、保険証の更新にあわせて、ジェネリック医薬品相談カードを同封しますので、ご活用ください。

 

ジェネリック医薬品相談カード

お問い合わせ

更新日 2020年01月21日