トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 国保年金係 » 令和元年台風第19号により被害を受けられた方へ

令和元年台風第19号により被害を受けられた方へ

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます

医療機関等への受診の際に保険証がない場合や保険証を紛失又は住居に残したまま避難しているため医療機関等に提示できない場合等は、氏名、生年月日、連絡先及び住所を口頭にてお伝えいただくことで、保険適用による受診ができます。

 

医療機関等の窓口での自己負担額(一部負担金)の免除について【国民健康保険・後期高齢者医療】

次の⑴~⑸のいずれかに該当する方は、医療機関等の窓口でその旨をご申告いただくことで、窓口負担の支払が不要となります。 (令和2年1月末まで)

 

※医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、市役所等から内容を確認させていただく場合があります。

※免除の対象とならない方が、自己負担額(一部負担金)の支払をせずに医療機関等を受診された場合には、後日その額に相当する額をお支払いいただく場合があります。

 

対象となる方

⑴ 住宅の全半壊、全半焼、床上浸水をされた方

⑵ 主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負われた方

⑶ 主たる生計維持者の行方が不明である方

⑷ 主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方

⑸ 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

※り災証明書等の提示は必要ありませんので、医療機関等の窓口にて口頭で申告してください。

 

免除の対象外となる費用

・入院時の食事代

・入院時の部屋代(差額ベッド代)

・あんま、はりきゅう、マッサージ、整骨院等の施術費用

・コルセットなどの補装具代

・その他保険診療外

 

医療機関等の受診について(令和元年10月23日17時現在) (PDF 192KB)

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

 

被災後に病院・薬局等に支払った自己負担額を還付します【国民健康保険】

飯山市国民健康保険の加入期間において、令和元年10月12日以後に病院・薬局等の医療機関を受診し、自己負担額(一部負担金)を支払われた方は、申請により支払った金額を還付します。

対象となる方は、令和元年台風第19号の被災者で、上記の⑴~⑸のいずれかに該当する方です。

 

申請に必要なもの

・国民健康保険一部負担金還付申請書(PDF 50KB)(Word 45KB)

・国民健康保険被保険者証

・印鑑(世帯主の認印)

・医療費の領収書(原本をご用意ください。領収書がない場合は、医療機関から領収書の再交付又は支払済証明書等を発行していただくようお願いします。)

・通帳など普通預金口座がわかるもの

・上記⑴に該当する方で、り災証明書を取得していない場合は、床上浸水したことがわかる写真等

・上記⑵、⑶、⑷、⑸に該当する方がご用意いただく書類については、お問い合わせください。

・その他必要な書類をお願いする場合があります。

 

申請場所

飯山市役所 民生部 市民環境課 国保年金係(市役所1階2番窓口)

 

 

被災後に病院・薬局等に支払った自己負担額を還付します【後期高齢者医療】

長野県後期高齢者医療制度の加入期間において、令和元年10月12日以後に病院・薬局等の医療機関を受診し、自己負担額(一部負担金)を支払われた方は、申請により支払った金額を還付します。

対象となる方は、国民健康保険の場合と同様です。

詳しくは、長野県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

 

申請に必要なもの

・一部負担金等還付申請書(PDF 253KB)(Excel 17KB)

・後期高齢者医療被保険者証

・印鑑

・通帳など普通預金口座がわかるもの

・被災事実を証明する書類

・受診保険医療機関等明細書(※領収書の提出があれば明細書は省略可能)(PDF 73KB)(Excel 14KB)

・受診保険医療機関等の領収書

・委任状(※申請者と振込口座の名義人が異なる場合)(PDF 100KB)(Word 22KB)

・誓約書兼振込口座届(※被保険者が死亡後の申請の場合)(PDF 276KB)(Word 45KB)

 

申請場所

飯山市役所 民生部 市民環境課 国保年金係(市役所1階2番窓口)

 

お問い合わせ

更新日 2020年01月07日