トップページ » 市役所の組織機構 » 市民環境課 » 生活環境係 » 2022 飯山市環境フォーラムの開催について

2022 飯山市環境フォーラム

2050年カーボンニュートラルを目指して ver.2022

 

 

開催日時

令和4年10月8日(土)

 

 

会場

飯山市公民館 2階講堂

 

 

構成

第1部 SDGsカードゲーム

9:00~12:00 2030 SDGsカードゲーム

       後半には「ローカルダイアログ」を行います。

    ファシリテーター【未来創造サポート 代表 寺島義智さん】

 

第2部 講演会

13:15 開場 定員80人(新型コロナウイルス感染症対策として椅子の間隔を広げて設置します)

    司会【フリーリポーター 竹井純子さん】

13:30~13:40 開会

    第3次飯山市環境基本計画の紹介【飯山市 市民環境課】

13:40~14:40 基調講演【信州大学特任教授 中島恵理さん】

    演題「皆が笑顔になる飯山市のカーボンニュートラルのまちづくり」

14:40~14:45 換気・休憩

14:45~15:10 事例紹介【NPO法人まめってぇ鬼無里 事務局 小田切奈々子さん】

    「里地里山ならではの豊かな暮らしを取り戻す活動について」

15:10~15:35 学習会「SDGs入門」【未来創造サポート 代表 寺島義智さん】

15:35~15:40 換気・休憩

15:40~16:00 会場との意見交換会

    閉会

 

・諸般の事情により、内容等を変更することがございますが、あらかじめご了承ください。

・来場時、マスクの着用をお願いします。

・体温が37.0℃以上の方、せきが出る等体調がすぐれない方のご参加はご遠慮ください。

 

 

2022 飯山市環境フォーラムの概要

 2022年3月、第3次飯山市環境基本計画を策定しました。計画では、カーボンニュートラルな社会の実現を目指すことを重点目標として掲げています。

 そこで、国及び県でカーボンニュートラルに向けた環境行政を推進してこられた中島恵理さんより基調講演をいただきます。

 カーボンニュートラルに向け、日本でどのような取組が求められているか、また全国各地でどのような取組がされているかをご紹介いただきます。そして、私たちにできることは何かなど、地球温暖化対策に向けた取組のきっかけとなり、皆さんの取組が、飯山市が元気になる取組につながれば幸いです。

 

 長野市鬼無里(旧鬼無里村)で、地域で知恵と力を出しあい、太陽光発電を設置・運営し、さらに森林整備と薪の販売を軌道に乗せているNPO法人まめってぇ鬼無里の事務局の小田切奈々子さんより、地域を元気にする活動をご紹介いただきます。

 地域が主役となり再生可能エネルギー事業に取り組んでいるなかで、地域で行う事業の設計や資金調達など、取組に当たって苦労した点、やってよかったこと、現在の活動などをお話しいただきます。

 

 脱炭素社会づくりのため、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の考え方、取組を学ぶ機会として、講演会に先立って「2030 SDGsカードゲーム」を開催します。ゲームのルールは、①お金と時間を使って、②プロジェクト活動を行うことで、③最終的にゴールを達成する、というもので、社会開発のゲームに参加しながら、体験を通じてSDGsの本質を理解することができます。

 ゲームの進行(ファシリテーター)は、全国各地の企業等で人材育成や組織開発などを行っている未来創造サポート 代表 寺島義智さんが務めます。

 2030年の社会がどのようになるか、また地域の課題解決の展望はどうか、参加者の意見と取組で、グループごとに「2030年の社会の状況」をシミュレーションします。

 

 講演会の中では、「SDGs入門」として、SDGsの基本について学ぶことができます。「今さら人に聞けない」と思っている方、「SDGsの考え方を事業に取り入れたい」と考えている方、ぜひご参加ください。

 

 

講師紹介

⑴基調講演 中島恵理さん

2013~2015年 長野県温暖化対策課長

2015~2019年 長野県副知事

    この間、長野県の脱炭素施策を積極的に推進されました。

2019年 環境省環境経済政策調査室長

    「地域循環共生圏」に関わる仕事もご担当されました。

2020年 環境省脱炭素化イノベーション研究調査室長

現在、信州大学経法学部特任教授、富士見町のNPO法人こどもの未来を考える会代表等富士見町でのSDGsのまちづくりに関わっています。

 

 

⑵まめってぇ鬼無里 小田切奈々子さん

 「まめってぇ」とは、方言で「元気な」という意味です。食とエネルギーの自給を目指し、遊休農地の活用、市民発電所の運営、森林整備による薪の生産など、里地里山ならではの豊かな暮らしを取り戻す活動に取り組んでいます。

 なお、NPO法人まめってぇ鬼無里の取組については、「地域が主役のエネルギー事業にチャレンジしました!-はじめての事業化のための手引書-」(一般社団法人 自然エネルギー信州パートナーズ編著 2015年発行)にて紹介されています。また2018年1月に築地書館から発行された「信州はエネルギーシフトする―環境先進国・ドイツをめざす長野県」(編著 田中信一郎氏)にも概要が記載されています。

「まめってぇ鬼無里太陽光発電所」竣工式では、地元の皆さんとお祝いしました。

 

太陽光パネルの設置工事は外注せず、NPOのメンバーで実施しました。

 

薪の生産流通による里山再生事業。地域内で資源とお金が回る循環のしくみづくり。

 

 

⑶SDGsカードゲーム&学習会 未来創造サポート 代表 寺島義智さん

 一般社団法人 日本あんしん生活協会 代表理事

 組織開発、ミッションやビジョンの創出、SDGsの推進、ビジネスモデル作成、商品開発、健康経営など、企業やコミュニティが抱える問題、課題に対して、ワークショップを活用し解決へのサポートを行っています。

 

 

プログラム紹介

⑴2030 SDGsカードゲーム / ローカルダイアログ

 カードゲームをプレイすることや、その後の振り返り、ダイアログ(対話)を通じて「持続可能な開発とは何か」を知ることができるのはもちろん、楽しみながら今後のご自身のあり方や取組、行動の気づきが得られます。また、対話を通じて、飯山市の未来の環境問題に対する対策のアイデアが出てきます。

 ローカルダイアログの説明は次のページに掲載されています。

 ローカルダイアログ・ワークショップ(Local Dialogue)(未来創造サポートのページが開きます)

 または、「ローカルダイアログ 未来創造」で検索してください。

 

 □定  員 30人

     申込み順。定員に達した場合は当ページでお知らせします。

 □申込締切 10月6日(木)

 □参加資格 高校生以上の方

 □申込方法 申込用紙に必要事項を記載し、メールまたはFAXでご提出ください。

    2030 SDGsカードゲーム参加申込用紙(Excel:2,165KB)

    メール:shiminkankyo☆city.iiyama.nagano.jp(☆をアットマークに置き換えてください)

    FAX:0269-62-3127

 

⑵学習会「SDGs入門」

 一見難しそうなSDGsを、事例も交えながらポイントを分かりやすくお伝えします。今日から、明日からできるアクションも考えていきます。

 

お問い合わせ

更新日 2022年10月03日