トップページ » 市役所の組織機構 » 庶務課 » 契約管理係 » 地域建設業経営強化融資制度について

地域建設業経営強化融資制度について

 

地域建設業経営強化融資制度とは

 本制度は、中小・中堅建設業者の資金調達の円滑化を図るため、国土交通省が創設した融資制度で、工事の出来高部分までの融資を希望する元請事業者が、本市発注の工事請負代金債権を本市の承諾を得て譲渡し、これを担保に融資を受ける制度です。

 債権の譲渡先となる事業協同組合等又は一般財団法人建設業振興基金が被保証者として適当と認める民間事業者(現時点では株式会社建設経営サービス)が融資します。

 工事の出来高を超える融資は、保証事業会社(東日本建設業保証株式会社等)の金融保証を受け、金融機関が融資します。

 

制度についての概要はこちら(PDFファイル: 256 KB)

 

※ 詳細は、国土交通省のホームページ≪外部リンク≫をご覧ください。

 

運用期間

令和4年4月1日から令和8年3月31日まで ( 国の制度の期限となります )

 

本制度の利用に係る手続きについて

地域建設業経営強化融資制度の事務手続きの流れ (PDFファイル: 91 KB)

 

飯山市地域建設業経営強化融資制度に係る債権譲渡に関する事務取扱要領(PDFファイル: 95 KB)

 

※ 様式については、工事発注担当課へお問い合わせください。

 

相談窓口

東日本建設業保証株式会社 長野支店 電話番号 : 026−226−7520

株式会社建設経営サービス       電話番号 : 03−3545−8534

飯山市役所 庶務課 契約管理係     電話番号 : 0269−62−0720

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2022年02月14日