トップページ » 市役所の組織機構 » 庶務課 » 管財係 » 地球温暖化防止・市役所の省エネへの取組状況 » 地球温暖化防止・省エネへの市役所の取組状況

地球温暖化防止・省エネへの市役所の取組状況

飯山市役所は一つの事業所として年間エネルギー使用量が原油換算で1,500klを超えるため、省エネ法による特定事業者として、また、長野県地球温暖化対策条例の対象事業者として、計画を立てて温暖化対策に取り組んでいます。

これからも、省エネルギー対策を進め、地球に優しい事業所を目指します。

 

取組内容

1 庁舎冷房の適切な温度設定(実施中)

2 照明の不要時間帯の消灯(実施中)

3 事務室用PCの節電設定(実施中)

4 太陽光発電の設置(実施中)

5 市有施設の蛍光灯のLED化(順次実施)

6 下水道施設統合による汚泥処理の効率化(計画的に実施中、一部実施済み)

7 下水道処理施設の機器のインバータ制御(機器更新の際に実施、一部実施済み)

8 下水道処理施設の機器の高効率機器への更新(機器更新の際に実施、一部実施済み)

9 公共施設の総合管理計画を基に、エネルギー使用量の低減(予定)

10  下水道汚泥等を用いた発電施設の設置(研究中)

事業活動温暖化対策計画書 兼 実施状況等報告書 (PDF 469KB) 

 

 

お問い合わせ

更新日 2021年09月13日