個人情報保護制度

個人の秘密を含む個人情報の保有は、行政機関による適正な行政の遂行、個人に対する的確な行政サービスの提供にとって不可欠なものです。 しかし、近年、 行政機関における個人情報の電子計算機処理が急速に進展する中で、個人情報の漏えい等は、個人の権利利益侵害の危険性を一層増大させるだけでなく、市民の皆さまの行政機関に対する信頼を著しく損なわせ、適正かつ円滑な行政の遂行に重大な支障を生じさせることとなります。
このため、市では、飯山市個人情報保護条例の規定に基づき、個人情報の適正な取扱いを図っています。

 

対象となる個人情報

個人に関する情報(当該情報に個人番号を含まない場合は、法人その他の団体に関する情報に含まれる当該法人その他の団体の役員に関する情報及び事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)で、特定の個人が識別され、又は識別され得るものであり、文書、図画、写真、フィルム及び電磁的記録に記録されているものが対象です。

 

実施機関

市長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会をいいます。

 

適正な管理

個人情報の正確性を確保し、滅失、漏えいなどの防止のための措置を行います。また、必要がなくなった個人情報は、速やかに廃棄又は消去します。

 

収集の制限

個人情報を収集するときは、目的を明確にし、必要な範囲内で、原則として本人から収集します。なお、思想、信条、宗教などの個人情報は、原則として収集しません。

 

利用及び提供の制限

 収集目的の範囲を超える個人情報の利用や、実施機関以外のものへの個人情報の提供は、原則として行いません。

 

開示請求

どなたでも実施機関が保有する自分に関する個人情報の開示を請求することができます。また、法定代理人は、本人に代わって請求することができます。なお、個人番号を含む個人情報の開示を請求する場合や実施機関が特別の理由があると認める場合には、本人の委任による代理人が請求できる場合があります。

 

請求の手続

個人情報の開示を請求される方は、「保有個人情報開示請求書」に所定事項を記入の上、請求していただきます。 この際には、本人であることを明らかにする書類(運転免許証など)を提示していただき、本人であることを確認させていただきます。法定代理人や本人の委任による代理人の方は、代理人であることを明らかにする書類(戸籍謄本など)を提示していただきます。

 

請求に対する決定

開示するかどうかの決定は、開示請求のあった日から起算して15日以内に行い、書面でその結果をお知らせします。 なお、事務処理が困難な場合などには、決定期間を延長することがあります。

 

開示することができない情報

1 法令などの規定で開示することができないもの

2 個人の評価、診断、判定、選考、指導、相談などに関する情報であって、本人に開示することができないもの

3 開示することにより、本人以外の第三者の権利利益を侵害するもの

4 開示することにより、事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるもの

5 法定代理人又は本人の委任による代理人が請求した場合で、開示をすることが開示請求の対象となった本人の利益に反するもの

 

開示方法と費用

開示の方法は、公文書の種類に応じて、視聴、閲覧、写しの交付があります。写しの交付を受けるときは、実費が必要です。

※A3サイズまでの写しは、1枚につき10円(カラーは、1枚につき20円)

 

訂正請求

自分に関する情報に事実の誤りがある場合には、その訂正を請求することができます。

 

利用停止請求

自分に関する情報の中に、収集の制限に違反して集められた情報がある場合、利用及び提供の制限に違反して取り扱われている場合などがある場合には、その情報の利用の停止、消去又は提供の停止を請求することができます。

 

決定に不服がある場合

請求した公文書が開示されないなど、決定に不服があるときは、不服申立てを行うことができます。この場合、実施機関は「飯山市情報公開等審査会」に諮問し、その答申を尊重して、開示するかどうかを再度決定します。

 

請求書のダウンロード

保有個人情報開示請求書 

保有個人情報訂正請求書

保有個人情報利用停止請求書

 

制度運用状況

 令和2年度個人情報保護制度運用状況(単位:件)

 
請求先請求区分
開示部分開示不開示文書不存在訂正等

市長

1

教育委員会

0

選挙管理委員会

監査委員

農業委員会

固定資産評価審査委員会

議会

 

 

お問い合わせ

更新日 2021年04月09日