トップページ » 市役所の組織機構 » 商工観光課 » 商工係 » 新型コロナウイルス関連 » 飯山市酒類販売事業者等 事業継続支援給付金を交付します

新型コロナウイルスの影響を大きく受ける市内事業者のみなさまへ

「飯山市酒類販売事業者等 事業継続支援給付金」 を交付します

飯山市では新型コロナウイルスの影響を受け、業績が大きく悪化した市内事業者の事業の継続を支援するため、下記要件に該当する方へ市独自の給付金を交付します。

 

◆給付対象業種   ①  酒類販売事業者

          ②  大規模宴会等飲食事業者

          ③  葬儀業取引事業者

             ④  交通(タクシー・ハイヤー)事業者         

 

給付対象要件と給付金額

共通要件

下記1~3すべてに該当

 (1)飯山市内に事業所かつ法人を置く(個人事業者の場合、住民票を置く)中小企業者 (小規模企業者含む)または個人

    事業者

 (2)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年1月から令和3年9月の間に、前年または前々年同月比で月間売

    上高が50%以上減少した月がある者(※) (※酒類販売事業者のみ、当該要件不要の場合あり)

 (3)令和2年度以前の市の税金等を滞納していない者

 

※ さらに、業種ごとで下記の要件に該当していることが必要です。

①酒類販売事業者

 下記の1、2どちらかに該当

 (1)県が実施する「信州の地酒販売促進キャンペーン」に参加、登録している者

 (2)下記のア、イとも該当する者

  (ア)酒類販売所等があり、販売品目のうち酒類の取り扱いが50%以上である者

  (イ)県が実施する「信州の安心なお店」の認証を受けている、もしくは「新型コロナウイルス対策推進宣言」の宣言済

    である者

 【★給付金額】 1事業者あたり20万円 

 

②大規模宴会等飲食事業者

 下記の1~4すべてに該当

 (1)飲食店営業を行う事業所で、令和元年12月以前の直近1年間において、団体客へ の飲食提供による売上高が

    1,000万円以上ある者

 (2)令和3年1月から令和3年9月の間に、前年または前々年同月比で月間売上高が50%以上減少した月があり、

           かつ前記の前年または前々年の売上高の内訳について、団体客への飲食の提供によるものの占める割合が50%以上

   ある者

 (3)1間あたり床面積が60㎡以上の客室(※)がある者

            (※ただし、宿泊施設における宿泊客に食事を提供する客室は除く)

 (4)県が実施する「信州の安心なお店」の認証を受けている、もしくは「新型コロナウイルス対策推進宣言」の宣言済

           である者

    【★給付金額】  客室の床面積㎡(※) × 1/3 × 2万円 【上限100万円】

   ※1間で60㎡以上ある部屋に限る

 

③葬儀業取引事業者

 下記1、2どちらかに該当

 (1)市内で葬儀業を営む事業者へ食事や折詰等を直接提供もしくは納入する者

 (2)市内で葬儀業を営む事業者へ物品(生花、供物等)を直接納入する者

    【★給付金額】

 売上が50%以上減少した比較月の減収額 × 1/2【上限:食事事業者100万円、物品事業者10万円】

 

④交通(タクシー・ハイヤー)事業者

 令和3年9月1日現在、市内においてタクシー・ハイヤーの車両を所有し、 営業している者

    【★給付金額】 市内における所有車両1台あたり10万円

 

 

(※注)一事業者が申請可能な給付金は①~④のうちいずれか1つ、かつ1回のみ

 

申請方法

下記の申請書類と添付書類を提出ください。

(1)交付申請書(様式第1号) Word28KB    (様式第1号記載例)PDF127KB

(2)交付請求書(様式第2号)Word24KB    (様式第2号記載例)PDF89KB

(3)業種別に必要な添付書類

 (提出書類一覧)PDF161KB

 ・ 酒類販売事業者 宣誓書 Word17KB

 ・ 葬儀業取引事業者 取引証明書 Word18KB

 

申請書提出先

飯山市役所 商工観光課 (土・日・祝日を除く午前8時30分~午後5時15分)

 

申請受付期間

令和3年12月28日(火)まで ≪必着≫

お問い合わせ

更新日 2021年11月01日