トップページ » 市役所の組織機構 » 税務課 » 市民税係 » 市たばこ税 » 市たばこ税の税率の引き上げ等について

市たばこ税の税率の引き上げ等について

 国の税制改正に基づくたばこ税の改正により、令和2年10月1日から次のとおり引き上げ等が行われます。

 ①一般の紙巻たばこ

 一般の紙巻きたばこは平成30年度税制改正により引き上げが決定し、激変緩和のため平成30年、令和2年及び令和3年の3段階に分けて税率が引き上げられています。

 令和2年10月1日からは1,000本あたり6,122円になります。

 

   実施時期  税率(1本1,000本あたり) 
   改正前     5,262円

 平成30年10月1日 

    5,692円

  令和2年10月1日      6,122円
  令和3年10月1日      6,552円

 

②旧3級品の紙巻きたばこ

 旧3級品の紙巻きたばこは、平成27年度税制改正により特定税率が廃止となり、令和元年10月1日に一般の紙巻きたばこと同じ税率となりました。

 令和2年10月1日からは1,000本あたり6,122円となります。

 

 ※旧3級品の紙巻きたばことは、次の6銘柄の紙巻きたばこをいいます。

 わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバッド、ウルマ、バイオレッド

 

③軽量な葉巻たばこ

 1本当たり1グラム未満の軽量な葉巻たばこは、令和2年度税制改正により「重量課税方式」から1本を紙巻きたばこ1本に換算する「本数課税方式」へ移行となりました。

 令和2年10月1日からの施行ですが、1本当たりの重量が0.7グラム未満の葉巻たばこに限り、令和3年9月30日までの1年間、1本を紙巻きたばこ0.7本に換算する経過措置が設けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日 2020年09月18日